2009年6月26日金曜日

多摩川源流の里「丹波山村」訪問


今日は山梨県丹波山村(たばやまむら)を訪れ、夏の活動のご協力をお願いしてきました。
丹波山村教育委員会、総務企画課、温泉観光課(特徴ある課名ですね)をはじめ、キャンプ場や漁協の方々にお会いしてきました。

丹波山村のみなさんからは、素朴で飾らず、部外者でもきちんと応対していただける印象を自然に受けました。

仕事をしているうえでのボーナスっていうことを最近よく感じます。
それは人生のボーナスともいえます。

野外塾でお金のボーナスはもちろん出ません。
でも、参加者の成長、参加者の保護者のみなさんからの応援、活動をおもしろいとおもってくれる旧友らの応援、活動地のみなさんとの考え方の(意外な/予想外の)一致や素朴なご応対。

そうしたことがボーナスです。
活動ですから、もちろんアゲインストなこともよくありますが、思わぬボーナスにちからを得て私たちは推進力を保持増進できます。

写真は丹波山村・一ノ瀬地区を流れる多摩川の源流部(15時頃撮影したこの水は、今頃どこらあたりの魚を喜ばせているのでしょうか?)

King Crimson "Cadense and Cascade"