2010年8月26日木曜日

2010多摩川探検隊 無事終了!


8/9から13にかけて、多摩川が生まれる最初の1滴から河口の羽田までできる限り人力でキャンプする多摩川探検隊を実施し、おかげさまで無事終了しました!

本活動は4月に22年度子どもゆめ基金の活動助成決定があったものの、その後ゆめ基金側の事務進行がまったく捗らずに同助成金をほんとうに受けられるのかどうかわからない状況が続き、薄氷を踏むような準備となりました、
当初12名のお子さんのお申し込みがあったのですが、上記の状況によって当初計画よりミニマムな計画へ変更せざるを得なかったことで最終的に7名の参加となりました。しかし、今年も元気いっぱいのガッツがある男の子たちが最後までがんばり抜きました!

微妙な情勢下で多くの方々のご理解とご助力を得ながら無事故で実施できましたことにつき、関係者のみなさまにこころから深く御礼を申し上げます。

多摩川探検隊は、無事終了という報告をできることに、主催者としては毎年のことながら特別な感慨を禁じ得ません。
私たちが活動を行っている最中の8/11、府中において多摩川で遊んでいた中学生がサンダルを流されて追ううちに溺れて亡くなるという事件があったり、活動終了後の8/21に北海道の石狩川でしっかりした装備でカヌーをしていた方々が転覆して亡くなられたりと、流水での活動はほんとうにまったく気を抜くことができないからです。
それでもやはり、川とその周辺の自然は魅力的です。
自然のちからに敬意を払いながら、いたずらに怖がって避けるだけではなく、川に親しめる機会をこれからもていねいに創りだしていきたいと思います。
川を怖がって遠ざけてしまわない方法は、逆説的ではありますが、継続的・積極的に川と親しむことかもしれませんね。

あらためて私たちをそのふところで遊ばせてくださった多摩川の神様にも感謝申し上げます。