2011年4月12日火曜日

履きやすくじょうぶな靴で生き延びよう!

ベルルッティ・ウルティマ。名のとおり究極の一足かもしれません。

まったく予断がならない時期です。

それでも日々の仕事に追われるすべての方々に、とくに、ドレッシーな靴を履くことを求められる方々に、すぐにご対応できるご提案をさせていただきます。

「履きやすく、じょうぶな靴」で通勤・通学しましょう。


残念ながら、私たちは足の痛みにほんとうに弱くなっています。
ちょっと想像してみてください。

ガレキやガラスが散乱していたり、見知らぬ液体が覆っていたり、陥没・隆起した道路をいまお履きの靴で歩けそうですか?
いざというとき、その靴で職場や学校から家まで歩いて帰ることができますか?

男性ものでも、女性ものでも、通勤・通学に使ってもじゅうぶんOKなスタイルでありながら、じょうぶなソールと包み込むようにフィットする靴が出回っています。

熱や尖ったものに強い本革製ができればいちばんですが、履きやすく、しっかりしたソールであることが第一優先。

百貨店やアウトドアショップでも見つかりますよ。

ちょっと高いようでも、思い切って投資する価値はあると思えます。

足に合って、じょうぶな靴は、まちがいなく第一級のサバイバル用品です。