2011年7月30日土曜日

偽りの青空 →7/30、31の活動を中止


昨夜、今日の活動「はじめての沢歩き」の中止をお申込者のみなさんにご連絡しました。

みなさん、たいへんに楽しみにしていただきましたが、各地で大きな被害を出している停滞前線の影響につき、予想がつかなかったためです。

私たちとしても「なぜこの時期に停滞前線?」と、ほんとうに悔しかった。
テレビで流される各地の濁流をみながら、そしてPCで奥多摩地区を流れる雨雲のようすを確認しながら、
この悔しさを、お申込いただいた方々とともに共有するしかない一日でした。

さきほど、事務所の上にも青空が出ました。
青空をにくらしく思うのは不遜ながら、正直このひとときの青空がにくらしかったですよ。

しかし、過去に、こうした「偽りの青空」に誘われて命を落としたひとがたくさんいるのも事実。
いまはまた真っ暗な空が広がっています。

よい時代になりました。
雨雲レーダーを数時間にわたって見ることで、今後の傾向により正確なめどがつくようになりました。

今日は中止するしかありませんでした。
どんなことでも「はじめての…」は、楽しくフィニッシュすることがほんとうに大切なのです!
沢歩きは日差しとたわむれる水に、自分自身がたわむれるのが醍醐味なんですから。

さて、明日の「はじめての沢歩き」はどうなるでしょうか?
濁りのない目で、判断に臨みます。
→20:30 7/31の同活動も中止判断としました。

リベンジに燃える方も、はじめての方も8/13、14、21に「はじめての沢歩き」を再設定していますので、ぜひごいっしょしてくださいね♪

末文ながら各地で大水の被害に遭われている方々にこころからお見舞い申し上げます。

吉田拓郎&中島みゆき "永遠の嘘をついてくれ"