2012年1月23日月曜日

「はじめてのクライミング&スラックライン」無事終了

ついに壁の上の「彼」をゲット!(詳しくは本文を!)
120°壁でうえをうかがうおにーちゃん。
1/22、2歳半と5歳半のお子さんを含む5名のご参加者とともに、年初めの「はじめてのクライミング&スラックライン」が終了しました。

あいにく小雨がぱらつく天気でしたが、みなさん、20分前には到着していて、やる気満々。

ボルダリングが始まると、2歳半の男の子はキッズ用のウォールで健闘。
はじめは2手めくらいで、「もう降りるー」といっていましたが…
私たちの頼もしい助っ人である「彼」が登場すると、大変身。

「彼」をホールドに置いて「あれ、取ってきて♪」とオネガイすると
ふしぎなことに、1手、1手としだいに手数が増えていくのでした。
そして、ついにいちばん上に置いた「彼」をゲーット。

自分はどんなものをウォールのうえに置いたら、あんなにがんばれるのだろうか、と、ちょっと妄想(ダハ!)

おにーちゃんも、すんごいがんばっていました。
120度の壁に取りついて、試行錯誤。
この壁って、どーんと手前にせり出してくる感じがあるので、取っつく子どもは少ないんですよ。
取りついてみるだけでも二重丸です。

もちろん、大人も!
生まれてはじめてクライミングをした、というお父さん。
ロープクライミングで、「なにつかんでもOK」であるにもかかわらず、自主的に課題に挑戦してみごと落としていました。

スラックラインが終了する頃には薄日も射しはじめ、いい汗かいたあとの上気した顔で帰っていかれました。

 半日、よくがんばりましたね♪
お疲れさま!