2012年5月21日月曜日

見えてヨカッタ!「金環日食」

サンダルばきで観察した軒先の天体ショー。
この気軽さと壮大さのアンバランスさがイイ!
 金環日食用のグラスも用意せず、ずぼらに迎えたこの日。
数日前から天気予報はあまりよくなかったので、近所のコンビニでグラスを置いてあるのを見たけれど、スルー。

6時台に起きてみると、意外にいけそう!
さっそくパソコンのライブカメラで状況をチェックしながら、サンダルつっかけて玄関前で日食観察。
顔なじみのご近所のひとたちと「わ、いい感じ!」なんて話しながらの観察って、楽しい。

東京はちょうど少し雲がでていて、それが格好のフィルターになってくれました。

それにしても、太陽の光ってスゴい。
あんなに欠けても、少し雲が薄くなると直視できなかった。
それでも、流星観察なんかとちがって、だれもが気軽に体験できる天体ショーというところがいいですね。

「家を一歩でれば、そこはもうアウトドア」という気持ちになれたイベントでした。

今日も一日、みなさんにとってよい日でありますように!