2012年6月16日土曜日

夏休み「はじめての北アルプステントキャンプ・立山」募集開始!

テントを設営する雷鳥沢キャンプ場。立山を望む絶好地です。
(写真ご提供: http://www.skyseeker.net/)

いちにちの終わりに、テントはかけがえのない空間を提供してくれます
 最少催行人数に達せず今年は中止します。また来年♪(12 7/6)
 この夏はテントを使って北アルプス・立山へ!
こんな方におすすめです。
・テント泊デビューにあこがれていたひと。
・北アルプスの3000m峰に親子や仲間といっしょに登ってみたいと思っていたひと。
・テントライフそのものを楽しみたいひと!
夏でも雪が残る立山は、まるで日本庭園のような広大な自然のなか、登頂すればまぢかに見える剣岳をはじめ、中部山岳地帯をぐるっと一望できます。
立山はまさに「眺めてよし、登ってよし」の日本を代表する名山であり、古くから信仰を集めた霊峰です。
テントを使うと、山もひともいっそう身近に感じられます♪
キャンプに備えて体調を整えるキモチがあれば、初心者やファミリーでもだいじょうぶ!

'12  8月10日(金)夜発~12日(日)2泊3日(うち1泊は車中泊/悪天中止)
行程概略 
8/10(金) 23時の夜行バスで池袋発。
8/11(土) 富山駅着後、直通バスで室堂へ。雷鳥沢でテント設営後、立山雄山頂上へ。歩行時間6時間。標高差約700m。雷鳥沢周辺では入浴できる施設があります。
※天候が悪い場合は周辺の散策や入浴などをして、立山登山は翌日にします。
8/12(日) 希望者は奥大日岳往復、または撤収までテント場でゆっくり(前日天気が悪かった場合はこの日に立山登山)。テント撤収後、立山黒部アルペンルートを使って室堂から扇沢へ。天気がよければ途中の黒部ダムから登ってきた立山が見えます。扇沢から新宿へ直通バス。奥大日岳班は歩行時間約6時間。標高差約350m。 
※悪天、参加者の体調不具合などの不可抗力による行程変更があり得ることをご了承ください。
このキャンプの行程図(諸条件により変更があり得ます)。クリックで拡大します。
●このキャンプの特長
  1. 本格的な山岳用テントを使用して、実践的なテント利用登山の方法やヒントをわかりやすくお伝えします。
  2. テント利用登山の際の荷物の量が体感できるよう、テントはじめ共同装備は参加者のみなさんにも分担して相応量を持っていただきます。共同装備をもっていただくのは1時間くらいなのでビギナーやお子さんでも心配ありません。
  3. 可能な限り、ご家族ごとまたは仲間ごとに1張のテントで対応します。
  4. 北アルプスの3000m峰・立山登頂を目指します。
利用するテントは
など、軽量で小さくなるテントを参加者の構成にあわせて使用します。テント購入前にシングルウォールテント、ダブルウォールテントの遣い勝手を実際に体験するのにもよい機会。
※ご自分のテントでのご参加もできます。

参加費:17,500円(行程中の食費を含む/自炊ほか3食)テント持込は2.000円割引。
 交通費別途。交通費(目安)と宿泊費は以下を参照してください。

交通費 以下の内容でおとな約21,000円、小学生約10,500円。
利用交通機関(カッコ内は大人料金、小学生は半額)
8/10 池袋〜富山 高速バス(7,340)
8/11 富山〜室堂 直通バス(3,000)
8/12 室堂〜扇沢 立山黒部アルペンルート(5,700)※JAFカードの提示で割引あり。
5/06 扇沢〜新宿 バス(4,700)

対 象:およそ小学生3年生程度以上の方ならばどなたでも。ご家族、仲間どうし、おひとりなど自由です。初心者でも参加できますが、事前によく歩いて準備を整えるなど、相応の準備が必要です。
定 員:8人(最少催行人数6人)。スタッフ2名がつきます。
締 切:7/6(金)
お持ちもの:寝袋、マットなどを含む夏山装備一式。お申込者に別途連絡します。寝袋などをお持ちでない方は、レンタルショップもご案内できます。
集 合:8/10(金)22:30に池袋駅東口の高速バス発着所(時間厳守)
解 散:8/12(日)21:30新宿駅西口(予定)
活動の目的:
・夏山シーズンの北アルプスの登山を体験しよう。
・テントを活用した登山を体験しよう。

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
★お申込者用書類お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)

主 催:NPO地球野外塾
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617