2012年8月30日木曜日

今夏の「奥多摩・はじめての沢歩き」全回無事終了!




8/11(土)を皮切りに8/26(日)にかけて、東京都檜原村で平日貸切2回を含めて全11回の沢歩きを実施でき、4歳のちびちゃんからオトナの方まで、合わせて92名様のご参加者とともに無事に活動を終了しました。

8/14(火)だけは悪天で実施できなかったのですが、週末ごとの悪天に苦しめられた昨夏の同活動の催行率を考えると、ほんとうに天気に恵まれました。

この活動ではじめて地球野外塾を知っていただいたご参加者も多く、さっそく初秋の「はじめてのクライミング&スラックライン」にお申し込みいただいたり、ていねいな御礼メールをいただいたりと、活動内容を信用していただけたことはなによりもの成果でした。

夏の水遊びってほんとに楽しいですよね。
きれいな水で、生き物がたくさんいるとなおさらです。
そしてライジャケ着けているとなおさら安全で楽しいんです!

深い淵で泳ぎながら親子ごいっしょに笑いあう声を聴いたり、ちいさな身長の3倍くらいある岩の上から飛び込んだりする子どもたちのようすを見たりしていると、毎日のようにこの沢に通いながら「今日はどんなことが起きるかなあ」と楽しみでした。
 ほんとに毎日ようすが違うんですよ!

そうそう、自分にはこんなことがありました。
8/25にはメガネをかけていることをうっかり忘れて、そのまま深い淵での飛び込みをしたところ、メガネを淵の底に沈めてしまいました。
探したけれどわからず「まあ、いいや。」とあっさりとあきらめて、その日は無事終了。

翌26日、折しも今夏最後の沢歩きの日でしたが、同じ淵にさしかかって岩の上からよく見たら、淵の底で日差しを受けてにぶく光っているメガネを発見!
ドブンと潜って24時間ぶりに淵の底に沈んだメガネを回収できました。

満天の星を抱く夜空の下、静かに泳ぐ小魚たちと一晩を過ごしたメガネをかけると、いままで見えなかったものが見えるようになったりして♪

ちょっとしたハプニングのおかげで、ちょっとしたファンタジー気分を味わうことができました。この夏のいちばんの思い出かな。

たくさん遊ばせてくれた身近で美しい自然に感謝!
そして、その自然をごいっしょに楽しんでくださったご参加者のみなさまに、こころから感謝申し上げます。

来年もまたやりますよ! ぜひ遊びにいらしてくださいね!