2012年10月1日月曜日

はじめてのリトルカヤックツアー、9月分終了!

9/29(土)、30(日)の両日で「はじめてのリトルカヤックツアー・東京スカイツリー編」が無事終了しました。両日で21名様がご参加いただけました。

30日は近づきつつある台風の影響で午後の回は中止にせざるを得ませんでした。
楽しみにしていたご家族のみなさま、残念でした。
午前の回でさえ、台風の余波で南風が強くなり、復路は向かい風で漕艇がたいへんでした。そして午後4時すこし前には予報どおり雨が降ってきました。

さて、ご参加いただいた方々に共通するのは
1 来場してスタンバイしているカヤックを見つける。(わくわく♪)
2 ライジャケを着けてパドリングの練習。(さらにわくわく♪♪)
3 乗艇(え”〜、ぐらぐらする)
4 漕艇(うっそ〜。まっすぐ進まない(*T□T)
という「無言のリアクション」です(笑)。
3、4のようなネガティブな反応は、決して口にしないようですね。
自分ならば思わず口に出てしまいそうですが。

使うカヤックは2人艇。
二人三脚のように、前後に乗る漕ぎ手の息があわないとうまく進みません。
でも、1人乗りのカヤックに較べて安定していて、初心者でもすぐに乗りこなせるのがおおきな強みです。

ファミリーで参加された方々は2人艇に乗ったとき、はじめは次のように思うのでは?
「お父さん(お母さん)、しっかり漕いでよ」
「おいおい、息子(娘)よ、カンタンにあきらめんなよ」

30分苦しんでください。
だんだんとまっすぐに進むようになります。

2時間経ち、慣れないパドリングでからだがきしみながらゴールに着いたときには
「お父さん(お母さん)て、やっぱりすごいな」
「息子(娘)も大きくなったな」
とお互いをきっと見直すことでしょう。

アウトドアで、親子またはご友人とご一緒に同じ体験をすればお互いの信頼関係が強くなるのは確実。
そして、そのためにたいせつなのが「成功体験」です。
地球野外塾は、みなさんの「ちょっと非日常な成功体験」を下支えします。

いつもと違うお父さんやお母さん、息子や娘の姿をよく見てあげて。
いつもと違う仲間やお友だちのようすを発見してみてください。

たいせつなひとといっしょに過ごす時間はかけがえがありません。
きっといつまでも記憶に残る思い出になることでしょう。

今週末の連休も、同じ場所で「はじめてのリトルカヤックツアー」を実施します。
10/6の午前・午後ともまだご予約を承れます。
ご都合があえば、いつもと違うひとときを私たちとごいっしょしませんか?