2012年12月30日日曜日

「台湾・鉄道&サイクリングの旅」下見。

台湾東海岸の主要都市・花蓮(ファーリェン)。
台湾の中央山嶺を背後に望む駅舎は、安曇野のよう。
台北市内から北の港町・淡水へ向かってのびるサイクリングロード。
老いも若きも、のんびりとサイクリングを楽しめます。
多摩川サイクリングロードを5倍くらい快適にした感じ。
上記サイクリングロードに沿って開いているカフェ。
こういう感じ、日本のサイクリングロードも見習ってほしい。
サイクリングロードに沿って、無料のクロカン練習場もあります。
民度高いなあ。
12/16から21朝まで、台湾に行ってきました。

目的は、数年の間に実行したいと考えている「台湾・鉄道&サイクリングの旅」の下見でした。

臺鐵(たいてつ・台湾鉄路)は、日本でいうならばJRです。
とはいっても、ていねいな表現をすれば「旧き良き時代の・労使紛争に明け暮れて国民の存在を忘れる前の」国鉄のような、礼儀正しくて、時刻に正確で、リーズナブルで、信頼できる国営鉄道です。台湾全土をぐるっと一周しています。
そのうえ、自転車をそのまま車内に持ち込める区間もあります(今回の下見でわかった限りでは台湾東部の花蓮・ファーリェンから台東・タイトン区間)。

日本では真冬のこの時期、台湾では臺鐵を使って降りる駅ごとに春風のようにあたたかく、やわらかな風が吹いて、それだけでも心身があたたまりました。

そして、臺鐵の便利さとあわせて楽しいのが、台湾でのサイクリング。
ジャイアントという台湾屈指の自転車メーカーが臺鐵主要駅近くで展開している直営店各店で、レンタサイクルをすることができます。

台湾は知る人ぞ知る、サイクリング天国です。
ほとんどの道で、自行車(自転車とスクーター)専用レーンがあり、「ほぼ」安心してサイクリングできます。「ほぼ」と註釈したのは、同じレーンを使うスクーターがけっこう飛ばすので、自転車よりもスピードが出るスクーターの運転手の判断に「運を天に任せる」必要があるからです。
また、自転車専用のサイクリングロードも、各主要都市で非常に整備されています。

台湾でのレンタサイクルで気をつけることは、
・右側通行であること
・右手が後輪ブレーキ、左手が前輪ブレーキであること(日本は逆)
です。

日本ほど飛ばす自転車が少ないので、初心者でも上記に注意すれば、楽しいサイクリングが楽しめるでしょう。

ただ、ジャイアントの直営店で借りるレンタサイクルに望むことは「一流のメーカーらしく、もっと自転車に愛情をもった整備をしてほしい」ということ。
ジャイアントのレンタサイクルは「格上單車」(ワンクラス上の自転車)といううたい文句なんですが、泥はねや油汚れがけっこうあり、そのうえにブレーキやシフトのフィーリングも、格上とはとてもいえません。

専門店なんだから、よい状態の自転車を乗る喜びを多くのひとに味わってもらう、というポリシーを持ってほしいと思います。

鉄道+自転車は本当に楽しい。
身もこころも自由なんです。
多くの人にこの楽しさを、ごいっしょに体験していただけたらなあ、と願っています。