2013年2月7日木曜日

子どもたちのリスク対処能力を育みましょう。


子どもたちを取り巻く課題は待ったなし。

いまや子どもたちがナイフや火を扱えないとしても日常生活で支障がないのですが、リスク対処能力がじゅうぶんでないと子どもたちが心身を病んだり、おもわぬ事故に遭う危険があります。
リスク対処能力が高ければ、たとえ逆境にあっても自分なりの価値観を支えにこころ豊かでいることも可能です。

お父さん、お母さんへ。
自分たちでできないことは地域で学びあいましょう。
経験があるところのアドバイスを受けてみましょう。
情報や現状を共有しあいましょう。

ハードルが高いと思われるかもしれませんが、「ひとを頼ってみよう」という他力のこころが活路をきっと開いてくれますよ。

地球野外塾はこれからすべての活動でこの課題に向き合っていきます。
私たちなりの失敗事例や成功事例も、みなさまのお役に立ちますようにと願っています。

カンタンな資料をまとめました(PDF・365KB)。 → こちら
「はじめの一歩」ですので、シンプルさを最重視しました。
これくらいのシンプルさを保ちながらブラッシュアップしていきたいと思います。