2013年10月12日土曜日

1分間パスタ実験してみました!

かみさんのパスタ。
自分が食べたパスタ。
先日、NHK「ためしてガッテン」で特集していた「1分間でパスタをゆでる方法」についてブログにあげましたが、実際に家で試してみました。

まず、ジップロックにパスタを入れ、つぎに「パスタ100gにつき300cc」という水の量をきちんと守って入れ、1時間。

番組でやっていたようにフニャフニャに白くふやけました。
これをみる限りでは自分がトラウマになったパスタの色にそっくりで、あまり成功イメージが湧きません。

ところが、この「色白フニャ麺」を1分間きっちりゆでると、パスタらしい黄色味をおびた食欲をそそる色に早変わり。
あとはお好みにあわせてアレンジするだけです。
自分の分はシンプルにペペロンチーノ、かみさんはズッキーニとソーセージのほかタマネギなどを入れてトマト味に仕上げました。

肝心の味は……
じゅうぶん及第点ながら、おそらく水の量とふやかす時間、そして実際にゆでる時間をパスタの質(太さや形)に合わせて何度かトライするとさらによい結果がでると感じました。

それにしても、この調理方法がアウトドアで燃料や水を気にせずに気軽にパスタを楽しめる劇的なアプローチとなることを実感。

みなさんもぜひチャレンジしてみてくださいね!