2013年12月6日金曜日

クリスマスリースの活用法とフェイスブックの活用法。

現在玄関に飾っていらっしゃるクリスマスリース。
ブルーのリボンが高貴な印象をもたらしています。
今年のお正月に飾られたんですね! 
そして、ハロウィンバージョン!
今日、野外塾の活動に何度もご参加いただいているご家族から、地球野外塾のフェイスブックページにメッセージをいただきました。
このご家族は今週末に予定されていた「太平洋で見よう! アイソン彗星」にもお申込いただいていたのですが、彗星の消滅による野外塾からの中止連絡を残念がり、メッセージをくださいました。
同時に、昨年ご参加いただいた「クリスマスリースづくり」でお作りになられたリースを、さまざまな機会に活用しているようすを写真で寄せていただけました。

どうです?
葛(くず)のつるを織り込んだシンプルなリース、意外に使い回しが効くでしょう?
改めて感じますが、シンプルなものというのは「強い」ですね。

地球野外塾の活動もまた、これからもシンプルであり続けたいと考えています。
アイソン彗星の消滅で私たちもしょんぼりしましたが、こうしたご連絡をリピーターの方からいただけることでまた次の活動を企画する英気が養えました。
ありがとうございます。

そうそう、この機会に少しアピールさせてください。
地球野外塾はフェイスブックページもあります。
フェイスブックは、基本設定がお世辞にも直感的とはいいにくく、個人情報がだだもれになる恐れがあるので嫌う方もいらっしゃいますが、基本設定をひととおり(トラップを踏まないで)整えれば、現行のSNSとしては、おそらくいちばん「オトナな」サービスのひとつになり得る可能性もあります。
また、リアルな「口コミ」が意外に難しくなってしまったいまの世の中、「いいね!」をクリックするとその人のページにそれが表示されるため(設定によって非表示にすることもできます)、間接的でイヤミがない「現代社会に合った口コミ」になりうるかもしれないな、という点に注目しています。
いっぽうで、私たちもフェイスブックのページで「いいね!」をクリックしていただいた方々にはなんらかの形で御礼をしたいと考えています。

このブログは意図的にコメントができないようにしている(もしさまざまな問い合わせなどがあったとき、それに答えることがマンパワー的に困難なため)のですが、フェイスブックではメッセージを送っていただくことで、簡略ではありながらも双方向な情報のやりとりが可能です。
このサービスのよいところと悪いところを注意深くさぐりながら、スマートに活用していきたいと思っておりますので、ご関心をもっていただけた方はぜひお訪ねくださいね。
https://www.facebook.com/yagaijuku