2014年2月28日金曜日

「黒部と槍」。魅力的な写真展がまもなく始まります。

いまの槍ヶ岳のイメージはこんなにフレンドリー。
でも近代になるまでは生死を賭す秘境の地だったんです。
(槍岳山荘の包装紙・部分)
実際にこれらの場所に自分がまだ行ったことがなかった頃の話。
黒部と槍ヶ岳はその名前からも「すごいところなんだろうな」と子ども心にも察せられました。

黒部。
「くろべ」と口にすると呪術的な響き。
そして「黒」の文字がなにか凄さを感じさせる。

槍ヶ岳。
尖った頂を連想させて直感的。そしてわくわくさせる。

北アルプスの深部にあるこんな2つの場所が先人の足跡さえない秘境だった時代に、ふたりのパイオニアによって撮影された写真が展示されます。
3/4から目黒区の東京都写真美術館で開催される「黒部と槍」。

自分もいまから行くのが楽しみです。

詳細は → こちら

【付記】

たいへんすばらしい展覧会でした。
すべての「山に登るのが好きな人」「山を見るのが好きな人」におススメできます。(3/5)