2014年4月29日火曜日

「狩る血」が騒ぐ子どもたちのデイキャンプ無事終了。

グループシェルターの本領発揮。
あらゆる仕事が子どもたちには人気の的♥
ペグ打ちは簡単なようでも慣れないとむずかしいようです。
簡単な道具を使う機会が激減していることも原因だと思います。
家族4人の合作(おっと、そのうちのひとりは釣りにいっていたかも)。
盛りつけるのはもちろんお父さん。「狩猟家族」の正統ですね。
しまじろうパンケーキをじょうずに作ってくださったお母さん。
おみやげも「採り」ました。
4/27(日)、19名様(うち未就学児から小学生までのお子さん10名)とともに「野外塾流デイキャンプ」が好天のもと無事終了しました。

・タープ・テントの設営
・たき火
・カレー作り
・デザート作り
の要素が入っているおてんこ盛り活動だったので、もちろん脱線を見込んでました。
それでも、予想外の脱線が連続して、あらためて「子どもはクリエイターだわ」と再認識。

あきる野市のすばらしいキャンプ場に行くまでは地図読み。
いつもどおり未就学児にも地図を渡します。
小学生はいま、いろいろな学校で植物を教えてもらっているみたいで、やれ「シャガが咲いている!」とか「カラスノエンドウだ!」とか、自分が知らない植物をたくさん教えてもらいました(笑)。
セイヨウタンポポもちょうど花盛り。小さなお子さんがタンポポの群生に気をとられたり、タンポポの綿毛を吹いているようすは「正統派・里山シーン」という感じ。

キャンプ場につくとさっそくタケノコを発見。
タープ張りなんてそっちのけでタケノコを掘ってました。
写真のとおり、いいのが採れたんです。
たき火のときは薪を束ねていた針金を使って「そんなんじゃ無理でしょ」と思うような釣り具を作ってキャンプ場の下を流れる川へ。
この釣り具に引っかかったわけではないでしょうが、魚が捕れた!と見せにきてくれました。
池で取ったオタマジャクシは空いたヨーグルトの容器に入れて持ち帰っていましたし、子どもたちがとくに「狩る・採る」血を騒がせていたのがこの日の「ムード」でした。

この活動ではデイキャンプの可能性を体験していただきたいと願っていましたが、心に留めておいた方がいいのは「オトナのニーズとこどものニーズは違うこと」です。
子どもたちは、タープを張ってその下でゆっくりするよりもレジャーシートだけ持っていってタープを張る時間さえ惜しんで遊びたいものです。
その事実を本活動をつうじて親御さんたちに体感していただきました。

オトナのみなさんには、レギュラーコーヒーを楽しんでいただいたり、アウトドアなのにパンケーキ用のメープルシロップがあったり、という「シンプルなひと加え」が新鮮だったようです。
これはこれでとっても大切なこと。

子どもにとっては「退屈な作業」にならない程度で、大人にとっては「ちょっと荷物が増えるけれど、これってきっとハッピーになれるよね」という程度のさじ加減で装備や食事の支度をすることが、楽しい親子デイキャンプの実現につながることでしょう。

後日ご参加いただいたお父様やお母様たちからメールをいただきました。

先日のデイキャンプは、本当にさわやかなお天気で、親子共々充実した一日を過ごすことができました。
また、バーナー、鍋についても教えて頂き、ありがとうございます。
山のような数や種類のバーナーや鍋の中で、使い勝手の良いものを探すのは私ども素人にとっては、途方に暮れる作業です。
いつも丁寧に、親切に教えて下さり、心からお礼申し上げます。
春のデイキャンプのときのおたまじゃくし、手足が順調に生えてきて、あとちょっとでカエルになろうとしています!
数えたら18匹いたのですが、うち5匹は友がクラスにもっていき、理科の教材として観察中です。順調に育っています。
誰も死んでなくて、丈夫な子達でよかった〜とホッとしています。
うちに残ったおたまじゃくしもかわいくて、子供達も私も毎日眺めています。
息子二人は他の子供たちとたくさん遊んで楽しかったようで、車に乗って15分もしないうちに、死んだように家に帰るまで寝ていました。

ご参加者の皆様、そして当日GWの貴重な休日を費やしてサポートしてくださったおふたりのボランティアスタッフさんにこころから感謝申し上げます。

2014年4月26日土曜日

「奥多摩ふれあいカヌーフェスティバル」のご案内。

クリックすると同フェスティバルのHPに飛びます。
「奥多摩ふれあいカヌーフェスティバル2014」が来る6/7(土)、8(日)の両日、JR奥多摩駅から至近の氷川キャンプ場で行われます。

カヌービギナーまたは未経験の方々にとって、なんといっても同フェスティバルの目玉は6/7のカヌー体験です。
親子でカヌーデビューするのにも、もってこいのチャンスです!

主催するNPO法人奥多摩カヌーセンターは、設立時に地球野外塾も関わりました。
カヌーをつうじて奥多摩の振興を図りたいと願った初代代表で故人・伊藤智樹様の穏やかでしかも決意に満ちたお顔をいまでも思い出せます。

現在、つぎつぎと体験の枠が定員に達しているようなので、われこそは!と思われる方は、ぜひ急いで予約してくださいね。

全部で3つの初心者向け体験があります。
・カヤック体験
・カヌー遊覧
・リバーSUP体験(ボードの上で立ち漕ぎするタイプ)
これらの予約状況は次からご確認できます。 → こちら!
また、ご予約は次からできます。 → こちら!

「え! これが多摩川?」と思うような神秘的で美しい多摩川の上流を、こころゆくまでお楽しみください。

2014年4月25日金曜日

二名良日(ふたなよしひ)さんの番組と活動ご紹介。

今年3月、鋸山で作業する二名さん。
二名良日さんは、早稲田大学探検部OBであり、地球野外塾創立メンバーのおひとりです。
お住まいが関西なのでなかなかご一緒に活動できないのですが、テレビ番組の「テレビチャンピオン・無人島王決定戦」で優勝するなど、卓越した野外技術を持った方です。

二名さんからふたつの直近の活動をご連絡いただきましたのでご案内します。
ぜひご覧になったり、体験してみてくださいね!

【テレビ番組に出演】
4/26(土) →明日ですよ、明日! 午後7時から。
NHK・BSプレミアム
「さあ行こう、里山ワンダーランド」 番組詳細は → こちら

【ワークショップ】
「のこぎり山でエコあーと」
山仕事につながるようなダイナミックな自然物の活用が二名さんの活動の特長です。
見る間に大型の構造体ができたりしてアッと驚かれることでしょう。
クリックすると拡大します。
(1000×1432pix)

4/26(土)27(日) 11:00-17:00
JR内房線・JR浜金谷駅前集合。
活動地:千葉県富津市鋸山の山中。
参加費:3000円/人(18歳未満1000円)
当日連絡先:090-8115-9385(齋藤)

GWは自然と親しむ機会をぜひ!

2014年4月21日月曜日

「東京湾フェリーで行く鋸山ハイク」募集開始。

久里浜行きのフェリーから望む鋸山(のこぎりやま)全景。
帰途「あそこに登ってきたんだ!」と感慨深い気持ちになれますよ。
【2014・野外塾流山歩き8】
GWはフェリーで東京湾をわたって鋸山へ。
標高0mの海辺から標高329mの鋸山へ、絶景つづきの登山道です。
日帰りなのに遠くまできた気持ちになれる、充実の山歩きをどうぞ。
'14  53(土祝) おかげさまで定員に達しました。(5/1)
前夜の悪天予報時は中止。

集 合:京急久里浜駅改札外8:30
【交通のご参考】
新宿起点ー京急久里浜往復(山手線品川駅で乗り換えて京浜急行利用)の料金と久里浜港ー金谷港間の東京湾フェリー往復割引料金あわせておとな3280円/子どもはおよそ半額
詳しくは → こちら

解 散:千葉県・浜金谷港15時45分頃(またはJR保田駅15時半頃)
浜金谷には「ザ・フィッシュ」という総合施設があります。
ここでゆっくりされても1時間に1本の頻度で東京湾フェリーが出ているので安心です。
ご希望者は帰路も京急久里浜までごいっしょできます。

対 象:かんたんな安全説明を理解できる小学生くらいから大人までどなたでも。
ただし次のような行程を4時間くらい歩ける方。
小4以上のお子さんおひとりの参加もできます。その場合、京急線・青物横丁駅での集合解散を承れますのでご希望がある方はお申しつけください。

活動地:千葉県富津市。
参加費:5,000円/人 保険料込。
ご自宅からの現地往復交通費は別途個人負担です。
定 員:8人程度(最少催行人数4人) 締切:5/1(木)
活動の目的
・ストーリー性があるハイキングを楽しもう。
・首都圏から日帰りできる活動範囲を広げよう。
持ち物:以下すべて必携。
・フロントジップで脱ぎ着しやすい防寒ウェア
・靴底がしっかりした履きなれた
・レジャーシートやサバイバルシート
飲物(ペットボトルがいいです)
軽食類、昼食
タオル、ハンドタオル
・サングラス、日焼け止め、リップクリームなど紫外線対策。
携帯電話など貴重品の濡れ対策ビニール袋
雨具
あれば便利。
・ストック

活動日の予定(時間は参考)
08:30 京急久里浜駅改札外集合、久里浜港まで歩きましょう。
09:25 久里浜港から東京湾フェリー乗船。
10:10 金谷港着、登山開始。
12:30 鋸山着。
15:30 金谷港着、解散。
浜金谷の街から眺める鋸山はまるで屏風(びょうぶ)のよう。
鋸山の断崖は自然のものではありません。
室町時代から続いた石材切り出しによってできた断崖です。
まったく断崖がなかったところからこれだけ切り出したと思うとすごいですね。
心理的に遠いと思いがちな房総半島。
都心から半径60kmの同心円だと奥多摩や丹沢の玄関口・秦野とほぼ同距離。
【クリックで拡大】

★お申込者用書類(お申込書/キャンセル規定)
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)
キャンセル規定(PDF 88KB)
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

2014年4月19日土曜日

2014年の活動予定。

地球野外塾の2014年の活動予定と実績は、スマートフォンに対応するために次のページに集約し、情報を一元管理することに致しました。

2014年活動予定と実績の最新情報は → こちら

以下は9/16までの情報で、最新情報ではありません。
ご注意ください。
=======================
2014年も、小さなお子さんやその親御さんはもとより、社会人の方々にも楽しんでいただけるような活動を目指します。

【2014年の活動予定と報告】(9/2改訂)
活動日活動名状況対象
2014年
1/12(日)
多摩川で新春50kmサイクリング 満員御礼
無事終了小学1年生程度〜大人
1/26(日)

干支の山で開運♪ 陣馬山ハイク【新企画】

無事終了小学生程度〜大人
2/9(日)日光・雲竜渓谷ハイク【新企画】
無事終了小学3年生程度〜大人
2/16(日)江戸前海苔づくり体験 満員御礼
無事終了未就学児〜大人
2/22(日)
3/16(日)
金時山麓雪遊びハイク【新企画】
無事終了小学生程度〜大人
3/2(日)、9(日)入笠山バックカントリーそりハイク
(3/2悪天中止・3/9満員御礼)
無事終了小学生程度〜大人
4/5(土)春の谷川岳日帰り登山【新企画】悪天中止小学3年生程度〜大人
4/6(日)日和田山お花見ハイク 満員御礼
無事終了未就学児〜大人
4/12(土)、13(日) 無事終了未就学児〜大人
4/19(土) 中止小学生程度〜大人
4/27(土) 無事終了小学生程度〜大人
5/3(土・祝) 無事終了小学生程度〜大人
4/29(火・祝)悪天延期
5/11(日)
日帰り谷川岳登山【新企画】
悪天予報により5/11に延期して実施。
【活動のようす】
無事終了
小学生4年生程度〜大人
5/14(水)-21(水)はじめてのリトルカヤックツアー・スカイツリー編【新コース】
【活動のようす】
無事終了小学生程度〜大人
5/18(日)江戸前・干潟遊び体験【新企画】満員御礼
【活動のようす】
終了未就学児〜大人
5/25(日)品川エコフェスティバル【新出展】
無事終了未就学児〜大人
5/31(土)夜〜6/1(日)奥多摩ナイトハイク 満員御礼
無事終了小学生程度〜大人
6/8(日)新宿子育てメッセ
無事終了小学1年生程度〜大人
6/14(土)、15(日)はじめての木登り・ツリーハウス【新企画】満員御礼
【活動のようす】
無事終了小学1年生程度〜大人
6月22日(日)自分で準備してみる里山ハイク【新企画】
【活動のようす】
無事終了未就学児〜大人
6/20(金)中止、21(土)終了、22(日)悪天中止、27(金)中止
28(土)満員御礼、29(日)終了
7/5(土)中止、6(日)満員御礼
11(金)悪天中止、12(土)終了
13(日)終了
ちょうちん下げてホタル探しの夜
【活動のようす】
無事終了年長程度〜大人
6/20(金)中止、27(金)中止
28(土)終了、29(日)満員御礼
7/5(土)中止、6(日)満員御礼
11(金)中止、12(土)中止
13(日)終了
奥多摩・はじめての洞窟探検
無事終了年長程度〜大人
7月4日(金)品川子育てメッセ出展【新企画で出展】
【活動のようす】
無事終了未就学児〜大人
7/19(土)満員御礼,24(木)終了,
26(土)満員御礼,27(日)満員御礼,
28(月)終了,30(水)終了,
8/1(金)終了,2(土)終了,
3(日)終了,4(月)終了,
5(火)満員御礼,6(水)満員御礼,
8(金)終了,9(土)終了,
10(日)悪天中止,11(月)終了,
12(火)満員御礼,13(水)満員御礼,
14(木)悪天中止,16(土)満員御礼,
17(日)満員御礼,18(月)中止,
19(火)満員御礼,23(土)満員御礼,
24(日)満員御礼,25(月)悪天中止,
26(火)悪天中止,30(日)終了
奥多摩はじめての沢歩き
無事終了年長程度〜大人
7/20(日)〜21(月祝)奥多摩ナイトハイク【新コース】
【前回の活動のようす】
無事終了小学生程度〜大人
7/21(月祝)はじめてのシャワークライミング【新企画】満員御礼無事終了小学生〜大人
8/21(木)〜22(金)はじめての木登り&ツリーハウス
【活動のようす】
無事終了小学生程度〜大人
8/30(土)〜31(日)はじめての夏山テント山行・南八ヶ岳【新企画】悪天中止小4程度〜大人
9/6(土)、7(日)はじめての沢歩き&熱々カップ麺満員御礼無事終了年長程度〜大人
9/13(土)-14(日)テント泊で登ろう初秋の南八ヶ岳【新企画】無事終了小4程度〜大人
9/15(月祝)はじめての洞窟探検
【活動のようす】
無事終了年長程度〜大人
9/20(土),10/18(土),19(日)三浦半島知られざる海岸線歩き
【新企画】
無事終了小学生程度〜大人
9/21(日)野外塾流・はじめてのデイキャンプ
【前回の活動のようす】
無事終了年中程度〜大人
9/23(火祝)東京湾フェリーで行く鋸山フォトハイク【新企画】無事終了小学生程度〜大人
9/27(土)事前準備で差をつける初秋の里山ハイク無事終了年長程度〜大人
9/28(日)山頂ランチを楽しむ大山ハイク
無事終了小学生程度〜大人
10/4(土)〜5(日)夏山閉山後の富士山登山
中止
小4程度〜大人
11/1(土)夕〜2(日)晩秋の奥多摩ナイトハイク

小学生程度〜大人
11/23(祝)、24(日)未定


11/30(日)採って作るクリスマスリース

未就学児〜大人
12/7(日)
テントで読書・クリスマスバージョン
自由
参加
未就学児〜大人
12/13(土)夜〜14(日)クリスマスナイトハイク【新企画】
小学生程度〜大人
12/23(祝)高尾山でダイヤモンド富士ハイク

未就学児〜大人
※印:キャンセル待ち承り中。

これらの活動は、天候やサポートなどの諸条件により、事前の通知なく日程や活動内容の変更があり得ますことをあらかじめご了承ください。
また、上記活動に加え鋭意活動を増やしていく予定です。

下のカレンダーでは、年間スケジュールがご覧いただけます。
カレンダーの左上にある矢印形のナビゲーションを操作して、各月に行われる活動予定のあらましがご覧いただけます。

寄り道こそ本命!「山桜を訪ねる高尾山ハイク」無事終了。

一丁平は山桜の盛りでした。
今年は見事に読みが当たって(偶然です!)ホッとひと安心。
写っているお子さんたち、未就学児なんです。
でも国土地理院発行の1/25000地図をさらに拡大した地図を読ませちゃうんです。
しかもローテーションでトップをとらせちゃうんです。
これが野外塾流。
熱心に年輪の数を数えていました。
教科書や本で見たことがあってもこうした実体験が大事ですよね。
いつも率先垂範してくれるMちゃん。
彼女は「場づくり」をする天才です。
この日は「芋虫ごろごろ」をやってくれました。
また、お母さんがそうしたチャレンジをいつもにこやかに見守っているんです。
すてきなご家族です。
声の限りに「ヤッホー」を叫ぶ女の子。
高尾山にはいくつかのヤッホーポイントがあります。
「こういう地形だとヤッホーが返ってくるよ」と伝えるだけで
あとはそうした条件のところをじょうずに探し出します。
子どもたちは、ほんとうに学習が早い。
箱のなかにまだ手が届かないのに「恋みくじ」。
恋の字をまだ知らないので、偶然この箱に手を突っ込んでいるだけ(笑)
薬王院にて。
先週末4/12、13に山桜が満開の奥高尾で「山桜を訪ねる高尾山ハイク」を実施、天気に恵まれて無事終了しました。
4/12は4名様(うち2名が小学生)、4/13は9名様(うち4名が未就学から小学生)のご参加者でした。

これらの日も、その前の週に実施した日和田山お花見ハイクと同様、参加者のみなさんに地図を渡して全行程をご参加者自身の読図で道案内していただきました。
子どもたちを見ていると、桜の花に気を取られるよりも野で遊ぶことでのびのびとしていました。
当然ですよね。
子どもたちには寄り道が大好きですし、寄り道で小さな発見をたくさんしてほしいものです。

4/12はちからが有り余った男の子ふたりだったので、私たちオトナと追いかけっこをしながら一丁平から城山までひと息に駆け上っていきました。
4/13は未就学のお子さんたちから小学生までみんな元気に山中を歩き、ケーブルカーを使わずに高尾山口まで完歩。
自分の足の4分の1くらいの細さで、自分の足の2分の1くらいの長さで、最後までトコトコトコトコ。

野外塾の山歩きに何度も来てくださって、この春から小1になった男の子、そして小3になった女の子のふたりのお母さまからは
「(子どもたち)すっかり山が好きになりました。」
とおっしゃっていただき、うれしかったです。
山に登りはじめのお子さんにとっては天気などの条件がよいときに、のんびりと寄り道におつき合いしながら、いろんな発見をサポートしてあげると楽しい体験につながりやすいと考えています。
子どもたちとともに山歩きしてつくづく感じるのは
「同じ場所で山歩きしても、子どもたち次第で活動は大きく変わる」
ということ。

現代を生きる子どもたちでも、子どもたちどうしが一期一会の出会いで相乗効果を生み出し、自然のなかに溶け込むように遊ぶようすをみると、明るい未来に期待がもてるというものです。

後日ご参加いただいた大人の女性の方からメールをいただきました。
高尾山ハイクでは大変お世話になり有難うございました。
写真を沢山拝見して当日の楽しさを思い出しています。

当日はお天気にも恵まれ、盛りの桜を楽しむことが出来ました。
甥姪が大きくなってしまったので、久し振りに小さなお子さん達とご一緒出来て楽しかったです。

また年中さんの女の子のお父様からもメールをいただきました。
街中の桜もいいですが、山の中に咲く山桜もいいですね。
写真を改めてみているとまた高尾山に行きたくなりました。

ご参加者の皆様、ほんとうにありがとうございました。
とても楽しく、有意義な時間をごいっしょさせていただきました。

2014年4月10日木曜日

花よりも団子よりも、遊びが一番。「日和田山お花見ハイク」無事終了。

巾着田の桜も菜の花も見頃でした。感謝。
地球野外塾のハイクは未就学児にも地図読みを促します。
わからなくてもいいんです。慣れです。
小川飛びに興じる子どもたち。
小さな手でたいせつに持つ採りたてのつくし。
4/6(日)、13名様(うち小学生以下のお子さん7名様)と2名の地球野外塾スタッフで「日和田山お花見ハイク」が無事終了しました。

当日は上空に寒気が入り込んで午前中から大きな積乱雲が確認できるきわどい天気でした。
しかし、日和田山登山中は雨にあわずにすみ、巾着田で昼食をとるときに冷たい風が吹いてパラリときた程度で済みました。
この時間、都内ではかなりの雷雨だったらしいですが、私たちは辛くもなんとか逃げ切れたといえるでしょう。

桜はまさに見頃で、菜の花と好いコントラストを作っていました。
しかし、子どもたちが巾着田でなによりも喜んだのは、教科書でしか見たことがないつくしを採ることと、小川をジャンプすること。
小川の流れ際に生えているつくしを採ろうとがんばり過ぎて逆さまになって川にはまる子どもがいたり、子どもと一緒になっておっかなびっくり小川を飛び越えるお母さんがいたり、と傍から見ていてそれは楽しそうなひとときでした。

自分で採ったつくしをお母さんに炊いてもらってつくしご飯を食べてみたい、という女の子に対して、どこで習ったのでしょう「カサがひらいているからこれは食べられない、これは食べられる」とアドバイスしてくれる少し年上の女の子(それでも小3)がいて、採ったものを「食べる発想」をもつ野性的な子どもたちが目の前にいることにオドロキを感じました。いっぽう、お母さんは「つくしをじょうずに炊けるかプレッシャー。」とつぶやいていたのが笑えました。お気持ちわかりますよ。

採ったものを食べるという発想は、できれば忘れないで欲しいことだと思います。
採る・狩る発想は、必要なモノをお金で売買するよりも原初的な発想だからです。

後日ご参加いただいたお母様からメールをいただきました。
昨年には見ることが出来なかった満開の桜を見ることが出来て大満足でした。
子供達も私も昨年より楽に登ることが出来、ちょっと成長したかな?
と思います。
写真も毎回家族で眺めながら思い出話に花をさかせております。

この日もまた、私たちにとって発見に満ちたいちにちとなりました。
ご参加いただけたみなさま、ほんとうにありがとうございました。

2014年4月9日水曜日

奥高尾は花盛りでした。

今日の一丁平付近。
今日のもみじ台付近。
今日の薬王院。
今日は週末に予定している「山桜を訪ねる高尾山ハイク」の最終下見に行ってきました。
桜のようすを確認したかったためです。

結果は……
桜の名所の一丁平周辺は、数種類の桜がいまを盛りと咲いていました。
おそらく今週末がいちばんいいのではないかと思います。

それにしても、山桜はいいですね。
咲き誇っていても、どこか控えめなんです。

都会のお花見もいいけれど、山桜もいいですよ。
ゆっくりごいっしょに楽しんでみませんか。

週末、まだ人数に余裕がございます。
週末の活動の詳細は → こちら

2014年4月7日月曜日

初夏の「奥多摩ナイトハイク」募集開始。


【2014・野外塾流山歩き9】
【最新情報】 1名様承れます。(5/24)
おかげさまで定員に達しました。
キャンセル待ちを承れます。(4/13)
次回は7/20(日)ー21(月・祝)を予定しています。
詳細は近日中にまたブログに記します。
よろしくお願い致します。
日没後の山道を歩き、貸切の山小屋に泊まるナイトハイク
薪ストーブ燃やしながら静かな山中の夜をお楽しみください。
'14 531日(土)午後〜61日(日)午前 悪天中止
1泊2日(山小屋泊)
集 合:5/31 JR青梅線・御嶽(みたけ)駅改札外16:50
参考:当日15:22新宿発の青梅行き特別快速(16:14青梅着・対面の下り列車に乗換)に乗るとこの時間に着きます。時間厳守
解 散:6/1 日の出町・つるつる温泉10:30(予定)
 JR武蔵五日市駅や新宿駅などへの同行可能です。お申しつけください。
参考:つるつる温泉から五日市駅へバス1時間に1本程度。所要20分。


対 象:小学生低学年くらいからオトナまでどなたでも。定 員:16人
小学3年生以下は保護者とごいっしょください。小4以上はおひとり参加可能です。
集合・解散場所などご相談に応じます。

参加費:9,900円(小学生以下8,900円)
うち宿泊費大人3,000円・小学生2,000円と自炊2食分食費・保険を含む。
 ※交通費別途実費
(往路参考:大人の場合、JR新宿ーJR御嶽920円、JR御嶽駅からバス290円、ケーブルカー590円)

活動地:JR御嶽駅〜御嶽ケーブルカー経由で日の出山〜日の出町つるつる温泉
行 程
5/31 集合後、バスとケーブルカーで御嶽山へ。
約90分夜道を歩いて日の出山山頂直下の貸切山小屋で夕食をとって就寝。

薪ストーブ燃える山小屋でおくつろぎください。
ベランダからは都心方面の夜景を見ることができますし、徒歩数分の日の出山山頂からは大眺望が開けています。

6/1 ご来光を楽しむのも、朝食まで寝床のなかにいるのも自由。
朝食後、2時間少しの山歩きでつるつる温泉着(入浴可)、解散。
 ※当夜は月齢2.8の三日月ですが、月や夜景、日の出は気象条件によってはご覧いただけません。予めご了承ください。
日の出山山頂からの夜景(2012.11)
日の出山山頂の黎明(2012.11)
朝日が射し込む山小屋のストーブまわり。
就寝スペースは吹き抜けを囲む2階にあります。
活動の目的
・夜の山歩きを経験する。
・山小屋で泊まって、山泊まりに親しむ。
持ち物  記号の意味:◎必ずいる。 △ひとそれぞれで。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
防寒具フリースやダウンなどで前ジッパーで素早く脱着できること。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
濡れに強い靴底のトレッドがしっかりしていているもの。
軍手または薄い手袋転倒時にケガを防げる。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本。
ヘッドライト手に持つ懐中電灯は避けてください。転倒時にあぶない。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシート休むときには折り畳んだままサッと敷いて冷え防止。
食器(プラ製を推奨)おわん状1・皿状1、コップ1、箸やフォーク
ストックあれば安心。不使用時に短くなるものだと便利。
地図コピーを用意します。
寝袋またはシーツ山小屋の寝具が気になるひとのみ。
歯ブラシ・入浴セット翌朝に温泉に入りたいひとはぜひ(山小屋には入浴設備なし)。

過去の活動のようすは… → こちらでご覧いただけます。

主 催:NPO法人地球野外塾
【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)

お申し込みはお電話/ファクス 03-3785-4617

2014年4月2日水曜日

「江戸前・干潟遊び体験」募集開始。

2年前、曇天の寒い中、同じ場所で元気に貝探ししていたふたり!
地球野外塾の多摩川・東京湾活動といえば、羽田ご在住の田村保さん。
「今年の貝はいいよ!」と熱心に本活動の実現にご尽力いただけました。
多摩川と東京湾を知り尽くした田村さんのお人柄はいつも大好評。
お申込者のみなさまへ (5/17)
明日は熱中症に気をつけてください。
たっぷりの飲料 → コンビニなどが近くにありません。
じゅうぶんな日よけ対策 → 帽子、日傘など
じゅうぶんな紫外線対策 → 日焼け止めや長袖など
動きやすくて通気性がよい服装
・100円ショップのイス → あればたいへん便利!

そのほか以下をもう一度ご確認ください。
お持ち物 一枚脱ぎ着するとすぐに潮干狩ができるかっこうで集合して下さい。
雨具上下(風と急な雨の恐れあり)
・水に濡れてよいかかとが固定できる履き物(クロックスや履き古しのスニーカーがよい)
・ぬれてもよい服装
着替え(上下をビニール袋に入れて持参)
・軍手(ほじくるときに手を切らないように)
・帽子(晴れると暑い)
・マイ椀とマイ箸(貝汁を用意します。)→ゴミ削減にご協力を!
・手ぬぐいやハンドタオル
レジャーシート → 自分たちの荷物置きのために必携
・紫外線対策(オトナの場合)
・飲み物500ml以上(活動地に自販機はありません)
・空きペットボトル(海水持ち帰り用)
 →飲み物の空きボトルでもOK。貝の砂吐かせに使う海水用。
・お弁当
・てきとうなおやつ
・ネットやビニール袋
 →貝持ち帰り用。使い古しのストッキングも利用できます。

東京湾で遊んだこと、ありますか?
羽田空港の目と鼻の先でおいしい貝が採れるんです。
ボクたち・わたしたちの海「東京湾」の魅力を再発見する絶好の機会。

3/4に田村さんと20分(!)試し掘りをしたときの成果。
アサリを中心にハマグリなども見えますね。
'14 518日(日)雨や強風など悪天の場合は中止
おかげさまで定員に達しました。
キャンセル待ちをお伺いできます。(4/7)
集 合:羽田空港国際線旅客ターミナル1階外 10:00(15時解散)

クリックで拡大できます。
ご参考:
 モノレール・羽田空港国際線ビル駅下車。
 京浜急行空港線・羽田空港国際線ターミナル駅下車。
 いずれも2階到着フロア改札で出札。
 都心からのアプローチと国際線ターミナル内で出札後に1階に移動する経路はこちら
対 象:ごくカンタンな安全説明を理解できるひとならどなたでも。

活動地:大田区・多摩川河口付近。

参加費:3,000円(中学生以下2,000円)交通費実費。採った貝はお持ち帰りいただけます。

定 員:20人30人程度(最少催行人数10人→4/5現在催行可能)、締切:5/17(木)
 →ご希望に応じて定員枠を広げました。(4/5)

活動の目的:多摩川河口と東京湾の恵みを体感しよう。

主 催:NPO法人地球野外塾

ご協力:田村保様

前回の活動のようすもご覧ください。 → クリック

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)

主 催:NPO地球野外塾
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

食物アレルギー対応「野外塾流・はじめてのデイキャンプ」募集開始。

おかげさまで定員に達しました。
キャンセル待ちを承れます。(4/13)
子どもや家族を日帰りキャンプに連れて行ってあげたいなあ。
でも、どんな道具をつかったらいいかわからないし、道具が重そうだから気も重いなあ。
そんなみなさんに「カフェに行くように外でおいしいものを食べられるデイキャンプ」のご提案です。
春の一日「必ず実力アップできる」デイキャンプにデビューしませんか!

※ソトカフェってなに? そう思った方は → こちら!

こーんな清潔な水場があるキャンプ場が身近にあるのです!
'14 427日(日)悪天中止
 
参加費:おとな5,000円・小中学生3,500円未就学児2,500円
 (施設利用料、食材費、保険料込) 交通費実費。
集 合:JR五日市線 武蔵五日市駅 改札外 9:30(16時00分頃解散予定)
   ご参考:新宿発08:19発ホリデー快速あきがわ3号乗車、武蔵五日市駅09:21着。
 ご注意:この方面へのお越しに慣れない方は → こちら
対 象:未就学児からオトナまでどなたでも!
親子や仲間どうしはもちろん、おひとりでもお気軽にご参加できます。 ただし小学3年生以下は保護者が同伴してください。

<こんな人におすすめ>
アウトドアで食物アレルギーを考慮した料理を楽しみたい方
・アウトドアでちょっと豊かなキモチになれる方法を知りたい方
・マニュアル本にもなかなか書いていない実践的な小ワザを知りたい方

活動地:あきる野市のキャンプ場
行 程:武蔵五日市駅から徒歩40分(2km)のキャンプ場を往復。

【体験していただくこと】
1 タープをたてよう。
 →とくにペグの打ち方とポールの扱い方、メンテナンスの仕方
2 火を使おう。
 →たき火とバーナーのそれぞれを使います。
 食物アレルギーがあっても安心でおいしいカレーやデザートを作ろう。
ネパールの方から教わった手早くておいしいレシピに従い、鶏肉以外は特定原材料等27品目を使わないカレー(鶏肉不使用にもできます)やデザートをご家族ごとに作ります。

遅発性食物アレルギーがある方は要注意の食品が増えます。お問い合わせ下さい。


** 当日のメニュー **
ネパールカレー(チキンドピアザまたはベジタブルカレー)
季節の野菜のサラダ
米粉パンケーキといちごのデザート
ホットドリンク、コールドドリンク各種

当日使う食材の一例です。タマネギとトマト以外の野菜は季節のものを使います。
カレールーは使いません。
カレー粉の原材料についてメーカーに問い合わせて安全確認済です。
水を加えずカレー粉と塩だけで味付けしても深ーい味がでるのが特徴です。
定 員:4家族10名様程度(最少催行人数5名)
活動の目的:だれもが気軽に楽しめるデイキャンプの方法を知る。

持ち物:
◎は必携
◎コットンやウールなど火の粉に強い服
◎汚れてもいい靴
◎以下の荷物が入るザック(両手が空けられるように。)
◎軍手
◎マイ皿、マイカップ、スプーン、フォークなどの食器→ 強度がある樹脂製がおすすめ。
◎大きめのフライパン
◎飲物(ペットボトルが便利)
◎ティッシュ
◎タオル
◎筆記具
○はあれば便利。
○レジャーシート
○100円ショップなどで売っている小さな折りたたみイス
○防寒衣類
○帽子

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
★お申込者用書類お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)
主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話 03-3785-4617