2014年12月1日月曜日

「お外で作ろう! ハンドメイドクリスマスリース」無事終了!

葛のつるを採るのはけっこうたいへん。
だけど、この仕事でリースづくりの結果が決まります。
ささやかですが、クリスマスの準備にふさわしい軽食をご用意しました。
今年のお子さんたちは木の実探しにもたいへん熱中していました。
さあ、いよいよ飾りつけ。
思ったようにやってみてね、 
元お菓子作りがご本業だったお母さんが作ったリース。
どこかおいしそうで、かぶりつきたくなりました(笑)
今年はかごを作るお母さんたちもいらっしゃいました。
なかに木の実や松ぼっくりを入れるととてもいい感じ。 
本活動は過去最多の20名様のご参加者でした。
ありがとうございました!
ときどき雲が去来したものの、この時期にはめずらしく穏やかな天気に恵まれた11/30(日)、20名様のご参加者(うち10名が未就学のお子さん)と2名のサポーター様とそのお子さん1人、スタッフ2名あわせて25名で「お外で作ろう! ハンドメイドクリスマスリース」が無事終了しました。

この時期の恒例となった感もあるこの活動は、さいわい毎回あたたかな日和に恵まれていますが、この日は前日の雨が影響して、葛のつるを採取する多摩川の草むらはまだしっとり感がありました。
それでも、1時間強でじゅうぶんなつるを採取できました。

そもそも、そんなに多くのつるは要らないのです。
それぞれのご家庭によるでしょうが、玄関に飾るリースならば4-5mの長さのつるがあれば十分です。
葛のつるは立ち木にどんどんからみついて、その木の生命力をダウンさせます。
里山の保全のためにも、葛のつるの適当な採取はたいせつです。

足場が悪いところだから1時間あまり作業をしたら、休憩。
熱い飲み物といっしょに甘いお菓子を食べたり、お弁当を食べればまた元気が出てきます。

午後はいよいよつるを巻いて作ったリースの土台をベースに、飾りつけ。
つるを巻くのははじめての方が多かったので、見本をお見せすると
「こんなふうにできるかしら?」
という不安を感じた方々がほとんどでしたが、
「つるがどれくらい曲がるかを手で感じながら、無理なくリズムを生み出すように巻いていけばだいじょうぶですよ」
とお伝えするだけで、みなさんじょうずに巻いていました。
とくに、私が考えていなかったような太いつるを採取した方々のリースは、ボリューム感あふれて圧倒されるような土台となりました。

飾りつけは、毎年のようにクリスマステープほかオーナメントのような人工物、オーナメントやメダルの型をした外国のお菓子類、そして松ぼっくりや木の実のような自然の素材を用意したり採取したりしました。
飾りつけに際してはお母さんたちからは
「こんなに真剣に悩んだのはひさしぶり」
なんて、言葉もきかれましたが、それぞれ上品な雰囲気を漂わせるクリスマスらしい飾りつけをされていました。

15時前に、落葉しきった背丈くらいの木に、みなさんが作ったリースを掛けてみたところ、これがひとつのクリスマスツリーのようになり、みなさん、たいへん感激していました。

つい買ってすませてしまいがちな季節の飾りつけ。
ご家族でご一緒に作れば、充実感が違います!

後日ご参加いただいたお母様たちからメールをいただきました。
昨日は初の参加、大変楽しかったです。
(抱っこで、全身筋肉痛ですが・・)

娘は、家に戻ってから、ココア屋さんをずっとやり、また今朝はシュトーレン作り(妄想)をして、私達に振る舞ってくれました。
クリスマスリースはもちろんですが、どうもやはり、食べ物に一番の興味があったようで・・・

リース作りまでの過程はもちろんなのですが、娘も知らない子(年上の子)との関わり方で、少しは刺激になったのではないかと思っています。
普段は、保育園のお友達とずっと一緒ですから。
今朝からリースは素敵に入口を飾ってくれています。


とても楽しい一日を二人ともに過ごせたようで、いつもよりも仲良くなって、帰ってきました(笑)
クリスマスリースもとても素敵なものができあがっていて、本当にビックリしました。
早速、玄関のドアに飾っています。
息子のエピソード、ありがとうございます。写真を拝見しながら、初めて会ったお友達とも仲良く遊べている様子を見ることができました。

娘や息子の様子はいつもの2人を象徴しているので、海老澤さん、さすがよくみていらっしゃるな思いました。
久しぶりの地球野外塾の活動への参加で、私はつるとりやカゴ作りや親のほうが集中してめいいっぱい楽しんでいました。
いつもいい経験をさせていただきありがとうございます。
活動の日のいつもちょっとした演出がおしゃれでうれしくなります。

先日のクリスマスのワークショップでは楽しい時間をありがとうございました。
身近なところに、あんなワイルドな場所があるとは驚きでした。
私も草と土の香りに癒されながら制作に夢中になってしまいました。
いつの間にかたくさん撮っていただいた写真もとても美しくて嬉しかったです。

都会に暮らす我が子には自然と触れ合う機会をたくさん作ってあげたいと思っていますので、また参加させていただきたいと思います。

ご参加者の皆様、そしてサポーターのみなさま、ほんとうにありがとうございました。
少し早いですが、皆様にメリークリスマス♪