2015年1月1日木曜日

2015年・明けましておめでとうございます。

昨年5月、谷川岳にて。
明けましておめでとうございます。
旧年中は多くの方々にご参加、またご支援いただき、ほんとうにありがとうございました。
の干支が巡ってた今年、地球野外塾は創立11年めを迎えて来たる10年の「未来」を見据えて行動する1年と致します。

昨年は主催活動のみで79活動・のべ741名様と自然のなかでご一緒の時間を過ごしました。
地球野外塾の創立以来、最多の活動数とご参加人数でした。

私たちの活動は基本的に少人数制です。
食育などの比較的定員数を多く設定できる活動でもせいぜい20名様くらいまでです。
今後も「ご参加者同士がお知り合いになれる」「名前と顔が一致する」規模の活動を続けてまいります。

そのうえで、今後の10年は子どもたちの成育環境における安全を、従来のような「禁止」から「自ら危険の所在を感知し、自ら考えながら対策する」方法へと強力にシフトしていく必要を痛感しています。
そのためには、こうした考え方をもともと持っているほかの組織との恊働が欠かせませんし、禁止型の安全管理からの脱却を啓蒙していく必要もあります。

昨年、地球野外塾は新たに生活クラブ東京様と恊働を開始しました。
まだ産声をあげたばかりの恊働ですが、安全な食に強い関心を寄せている組合員(消費者)の方々に支持されている生活クラブ東京様との恊働には、この先10年になにができるだろうか、というポイントにおいて「未来」を感じています。

地球野外塾は今年もご参加者の原体験になりうるような高密度な自然体験活動を引き続き継続・発展させ、自然体験活動をつうじてみなさまの確かな実力アップと日常生活に応用可能な生活のヒントをご提供することで、みなさまの心豊かな生活を応援してまいります。
ぜひ今年も地球野外塾をよろしくお願い致します。

みなさまにとって充実した1年になりますようにとこころから願っております。