2015年6月16日火曜日

海はふしぎ。「知られざる海岸線歩き」2回とも無事終了。


5/30(土)、6/14(日)に三浦半島で実施した「知られざる海岸線歩き」が無事終了しました。
5/30は五月晴れの下8名様(うち小1以上のお子さん4名)、6/14は停滞前線が影響した危うい天気のなかで13名様(うち年長さん以上のお子さん6名)のご参加者と、各日ともに野外塾スタッフ2名に加え6/14はサポートボランティアさん1名にご協力いただいて進行しました。



ふしぎだったのは、天気と、潮の満ち引きの影響で、海の印象がまったく違ったことです。
5/30にはきれいに澄み渡って泳げた入り江が6/14には海藻が海の表面を覆われていたり、5/30に上げ潮で猛々しいようすをみせていた小さな入り江に6/14はまったく気づかなかったり。
いっぽうで5/30には浮遊物だらけであまり浸かりたくなかったところが6/14はきれーいになっていて、子どもたちが生き物探しに熱中できたり……
海はほんとにふしぎです。



共通していたのは、両日ともに子どもたちは生き物探しに夢中だったこと♪
そして、ライフジャケットを着けての海遊びを生き生きと楽しんでくれたこと。
なかには海で遊ぶのが生まれてはじめてな年長さんもいて、野外塾が「海デビュー」に一役買うという栄誉を得られました。



都心から2時間弱で来ることができるところとは思えないほど、きれいな水とワイルドな地形が広がる三浦半島。
まだまだ知らないところがありそうですし、小さなお子さんから大人まで喜んでいただける活動をご提案できそうです。

後日ご参加いただいたお母様からメールをいただきました。

息子にとって初めての磯遊び、カニ、ヤドカリ、貝など海の生物や波、海岸線の不思議と美しさを経験できた素晴らしい一日でした。
持ち帰ったカニとヤドカリは別々の水槽で飼育を始めました。砂の中にもぐったり、けんかをしたり、ヤドカリは殻を交換したりとパパと一緒に観察するのを楽しんでおります。
夕食の時もパパに海岸での冒険を楽しく話しておりました。「また行きたい!」と言っていますので、機会がありましたら申し込みさせていただきたいと思っております。
子供たちの体力や興味を考慮して楽しい企画を引率していただき心より感謝申し上げます。
ボランティアの方にもくれぐれもよろしくお伝えください。

天気に恵まれて、たっぷり楽しんでいただきたいな、と願っています。

ご参加者の皆様、サポートしてくださった斉木さん、本当にありがとうございました。