2015年11月5日木曜日

「鎖場を楽しむ岩殿山ハイク」募集開始。

一般登山道の事故予防活動
岩場展望が魅力の岩殿山で…
鎖場を安全に通過する方法を知ろう。
少人数制だからこそ体験できる活動です。

'15  1213(日
おかげさまで定員に達しました(12/8)。
参加ご希望の場合はお問い合わせください。
→悪天予報により下記の日に変更(12/12)

'16  124(日悪天のときは中止
現在6名様承っています(1/19)
おかげさまで満員になりました(1/23)

前回のようすは → こちら
集 合:JR中央線・大月駅改札外9:00
 お手洗は改札外にあります。
交通のご参考:
JR中央線・新宿7:07発快速高尾行き乗車、8:01高尾駅下車。
高尾駅で8:20発の普通甲府行きに乗換、8:57大月着。
そのほか特快を使う、特急を使う、京王線を使う、などあります。
【お得な切符】
「休日お出かけパス」という切符があります。小人料金設定あります。

都心から高尾駅まで京王線を使うと出発地からの交通費が安くなることあり。
本活動で通過するこの鎖場。
鎖場の下が崖なので、最悪100mくらい落ちる恐れがあります。
フィフィとスリングという用具を使うと「へまをする恐れ」が激減します。
落下時の確保として使うのではなく「落下の予防」に役立てる発想です。
握力が弱く、手足のリーチが短いお子さんや女性にとっては特に安心です。
本活動の行動目安です。
山をポコポコ越えて行くので登り下りはそれぞれ累積です。
解 散:大月駅・16時頃予定。
 (都内まで約1時間半から2時間。)
対 象:小学生くらいから大人までどなたでも。
定 員:6名様くらい。 最少催行人数:3名。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。集合・解散場所は応相談。
リピーターのお子さんのおひとりご参加希望はご相談ください。
参加費:
 6,500円/人 保険料込(交通費別途実費)
  • フィフィ(1200-1700円くらい)と簡易ハーネスに使える長さのスリング(900-1100円くらい)をご持参される方は1000円割引します。
  • この機会にさまざまな鎖場できっと役立つフィフィとスリングをお買い求めになってみることもご検討ください。野外塾が当日までにお買い求めを代行することもできます。その場合、以下の長さを教えていただき、当日に購入実費を頂戴して参加費を1000円割引します。お問い合わせ下さい。
スリングの長さは、片手をあげたときの手首からおへそまでの長さa(cm)
ウエスト回りb(cm)として、a(cm)+b(cm)+10cmの総計に近い長さが
今回の活動では便利です。
活動地:山梨県大月市・岩殿山から稚児落し
活動の目的:
登山中に鎖場が出てきても安全性を高めて通過する方法を知る。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
ザック以下のものが全部入る大きさ。
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
帽子スキー帽のような耳まで隠れる帽子「も」あるとよい。
あたたかい長袖ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できるフリースやダウンなど。
日照がないとドン冷えするかも。
軍手または薄い手袋岩場でロープをつかむのに必要。
すべりにくいものを。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本/日。
昼食サンドウィッチやおにぎり、カップ麺など
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシート家族やグループが座れる広さのもの。
トイレットペーパー
ティッシュペーパー
トイレットペーパーは芯を抜いてつぶし、ビニール袋に入れる。
小型のポット温かい飲み物は心底助かります。
ストック折り畳みできるものでないと岩場であぶない。
地図こちら →プリントしてみる経験は必ず役立ちます。
主催者がコピーを用意します。
使い捨てカイロ指先が凍えたときに有効。
方位磁石(コンパス)できればプレート型コンパスを。
コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでもかろうじて可。
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
暗くなったとき用。
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター緊急時用。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。ほかに常用薬。

お申込用専用ページは → こちら

主催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617