2016年8月15日月曜日

活動報告:6/11「奥多摩・あじさい山ハイク」無事終了。

「どれだけ前のことなんだよ」報告その6。
6/11(土)、3名のご参加者(うちお子さん1名)とスタッフ1名で奥多摩のあじさい山を訪ねるハイクを実施、無事終了しました。
天気は梅雨とは思えない好天でした。

この活動、今年で4年めですが毎年応募される方が少なく、今回も1ご家族様だけのお申込でした。
でも、お母様からは「海老澤さんを貸切でよかったわ」なんておっしゃっていただいて、面目ないやら、うれしいやら。
気を取り直して、とてもすてきな山なので楽しんでいただくことに専念しました。

武蔵五日市駅から北の深沢地区に向かって歩くと、ジージと呼ばれるパブリックアートが点在しています。
点在するジージを数えながら進むと自然に深沢地区の深部へと導かれるのです。
こういうしかけで地域をひとのこころに留めようという試みはおもしろいです。

深沢のあじさい山は個人所有の山で、丹誠込められたあじさいが谷を埋め尽くしています。
入山するとすぐに東屋があるので、そこでひと休みしてから金比羅山へと向かいました。
ほんとうは梅雨なので、雨具をつけて歩く練習を目論んでいたのですが、汗ばむくらいの好天となってしまったので、またの機会にお預けです。

みなさん、雨具って、ふだんどのように携行されていますか?
あまりにも几帳面に携行すると、いざというときに役立たないので気をつけてくださいね。
おすすめの携行方法は → こちら

あきる野市を見下ろす大展望の金比羅山から下山、梅雨の中休みとなった休日の小ハイクを終えました。
ご参加いただいたご家族様、ほんとうにありがとうございました。