2016年10月30日日曜日

親子でがんばる。「三浦半島横断ハイク」募集開始。

繰り返すアップダウンと不明瞭な道。
だから歩き通すとうれしくなる
達成欲が頼りの持久ハイクです。
'16 1211日(日)日帰り 悪天中止
あと2名承れます(11/11)

集 合:JR横須賀線・JR逗子駅東口改札外3番バス停8:30
時間厳守でお願いします♪
JR逗子駅東口改札を出たら左手30秒。
交通のご参考:品川7:33発JR横須賀線逗子行き乗車、8:26JR逗子着。
お手洗いは改札内です。
車両にお手洗いがついている場合もあるので活用してください。

逗子駅8:46発の「逗12」路線バスに乗車します。
解 散:JR横須賀線・田浦駅16時(予定)

対 象:小3くらいから大人までどなたでも。
定 員:10名。 最少催行人数:6名。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
参加費:5,500円/人・保険料込(交通費別途実費)
【交通費ご参考
JR品川→JR逗子720円
森戸海岸バス停までバス片道230円
JR田浦→JR品川800円
小学生は上記のおよそ半額

この日の最高地点・標高212m
累積標高差登り降りともに約500m
水平移動距離11km
活動地:神奈川県・葉山アルプス。
活動の目的:読図力と忍耐力の実践的な強化。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
デイパック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
帽子黒っぽいものはダメ(万一のハチ対策)。
防寒具前ジッパーで素早く脱着できること。
薄いダウンジャケットやフリースなどが便利。
黒っぽいものはダメ(万一のハチ対策)。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本。
昼食サンドイッチやおにぎりなど。
何度かにわけて食べられるように工夫するとよい。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
ストック大人はあると便利! 
細かいアップダウンでも体力を温存できます。
ポットに入れた飲み物この季節、熱々の飲み物は元気を取り戻せる。
日曜は少し冷えるみたい。
レジャーシート休憩時、家族やグループに1枚あれば便利。
緊急時には雨を避けたり体に巻いて保温できる。
地図プリントできます → 1 2 3 
自分でプリントする経験は必ず役立つ。
方位磁石(コンパス)できればプレート型コンパスを。
コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでもかろうじて可。
軍手または薄い手袋当日、あると心強い!
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
暗くなったとき用。
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター緊急時のたき火用。
折りたたみナイフイザというときに活路を拓くため。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。ほかに常用薬。
主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせは
お電話03-3785-4617