2017年5月19日金曜日

親子で楽しむ磯遊び「三浦海岸知られざる海岸線歩き・チビちゃんデイ」募集開始。

【ライフジャケット普及活動】
初夏の海岸歩きで生き物探し。
ダイナミックな海岸線を探索。
親子でのんびり行きましょう。
広い岩礁と浜辺が連続して現れます。
危ない所はあまりないけど気は抜かないで♪
大潮の日なので生き物探しが楽。
'17 610日(土)悪天中止
参考:干潮11:10 0.4m/満潮18:04 1.5m
日帰り 強風・悪天中止

対 象:年中さんくらいから大人までどなたでも。
ただし不整地を独力で歩けることとカンタンな安全説明を理解できること。
定 員:12名様。 最少催行人数:4名様。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
 当日はいちばん小さなお子さんに合わせて進行します。
 予めご了承ください。
参加費:6,000円/人(保険込)
 ライフジャケットご持参の方ご本人に限り1,000円割引。
※ライフジャケットとヘルメットの適切な装着方法をお伝えします。
活動地:神奈川県三浦市・毘沙門湾周辺
行 程:徒歩で5kmくらい。
 (毘沙門入口バス停がスタート・ゴールとなる周回を予定。)


集 合:京急・三浦海岸駅改札外正面右手・2番バス乗り場8:30
【交通の参考
品川7:10発の特急三崎口行き乗車、8:19三浦海岸着。
お手洗いをすませてご出札ください。
このあと8:47発のバスに乗るため時間厳守願います。
バスは混み合う恐れがありますのでお早めにご集合下さい。
【交通費参考
 品川→三浦海岸片道860円
 バス往復540円から560円
(帰りのバス経路によって変わります)小学生は上記の凡そ半額。
【お得なきっぷ情報】
三浦半島1dayきっぷ:京急の主要駅自販機で当日お買い求めできます。
「きっぷ」→「お得なきっぷ」(左列中にあり)→「三浦半島1dayきっぷ」
だいたいバス代(400-500円ほど)くらいお得です。
解 散:三浦海岸駅16時頃(予定)
「わお、ホントにきれいだなあ」
がんばったごほうびが次々に現れます。
本活動の注意点:
・転倒・転落は思わぬ事故につながる恐れがありますのでご注意。
活動の目的:
・水辺でライフジャケットをつける経験をする。
・より安全に歩けるところを見つけ出すセンスを養う。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
ライフジャケット子どもは必携。おとなは任意。あればよりよい。
持参されないお子さんにはお貸しします。
ヘルメット子どもは必携。
万一お忘れになると活動にご参加できません。
おとなは任意。あればよりよい。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを推奨。忘れると大けがの恐れあり。
大人は革手袋がよりよい。
あたたかい長袖ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
ぬれる可能性100%。
クロックスのようなサンダルあればぜったい便利。
ぬれた靴の代わりに帰りに履ける。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
潮風に吹かれるのでぬれタオルも最高。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上
海辺は想像以上に喉が渇きます。
昼食サンドウィッチやおにぎりなどなんでも!
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシート1家族に1つあれば便利。
サングラス晴れていたら大人はぜひ。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
地図剱崎を中心に3km四方が望ましい。
1/25000地図名は三浦三崎
主催者がコピーを用意します。
方位磁石(コンパス)コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでもOK。
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
暗くなったとき用。
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター緊急時用。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。

主催:NPO法人地球野外塾
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

親子で露天風呂「イチから作るドラム缶風呂」募集開始。

【2017 地球野外塾×生活クラブ東京共催事業】
初夏の河原で楽しもう!
モバイル露天風呂」。
運搬、整地、バケツリレー、たき火…
道具と知恵を駆使する手作り系アウトドア。
お湯が沸くまではマシュマロ焼いたりね♪
目隠しも作ります。
女性のみなさんもぜひ。
'17 64(日)
日帰り 悪天中止。 
あと8名様承れます(5/22)

前回のようすは → こちら。

これ! 楽しいんです♪
活動地:あきる野市・協同村 
対 象: 小学生くらいから大人までどなたでも。
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
  小4以上はおひとりで参加できます。
定 員:10名様。最少催行人数6名様。
参加費4,400円/人(保険込)+下記施設利用料。
  施設利用料:
一般生活クラブ東京組合員
中学生以上600円500円
小学生400円300円
未就学児無料無料
※交通費別途実費
  ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。


集 合:
JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場8:55
または協同村に直接9:15
(協同村に駐車場あり: 300円/台)

【電車をご利用の方】
9:00発バスに乗車。時間厳守でお願いします。
交通ご参考:
JR新宿7:44発・中央線ホリデー快速あきがわ3号乗車、JR武蔵五日市8:48着。
ご注意ホリデー快速は乗った車両で行先が違ってしまいます。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら

解 散:JR武蔵五日市駅16時頃(予定)。
または協同村15時半頃(予定)。
活動の目的:
・日常であまり使わない道具と知恵を活用する。
・外遊びの楽しみ方に幅をつける。   

持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具ねんのため。
100円ショップのものでもいいです。
火に強い衣服コットンやウール。
合繊は火の粉で穴が開きます。
作業中は肌の露出をなるべく少なくしてください。
エプロンあれば重宝します。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子寒さよけ、頭部保護にも役立つ。
あたたかい長袖前日の天気予報を見て最終判断してください。
ジッパーやボタンで素早く脱着でき、素材はウールなどがよい。
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
クロックスの様なサンダルあればとっても便利。
自信があればこれ一足で自宅からの往復と活動をできる。
ただし靴との併用に較べてケガリスクが高まることに注意。
バスタオルあれば便利だがかさばる。
タオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシートドラム缶風呂の出入り時下に敷くなど。
折りたたみイス100円ショップで売っているものでもOK。
あれば楽しい軽食お菓子のほか、たき火で焼いて食べたいものなんでも。
主催者は焼いておいしいマシュマロとソーセージをご用意します。

飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
お弁当おにぎりやサンドイッチ等何度かにわけても食べられるもの。
ビニール袋ジップロック大1以上(濡れたもの用)
水着
ドラム缶風呂用。もちろん裸でもだいじょうぶ。
お父さん、お母さんもチャレンジしてくださいね!


共 催:NPO法人地球野外塾・生活クラブ東京


お問い合わせはお電話03-3785-4617

親子いっしょに作って寝てみる♪「ホントに泊まれる基地作り」募集開始。

【地球野外塾×生活クラブ東京 共催活動】
実際に使える基地
初夏の一夜を楽しもう。
非常時にも役立つ実践体験。
シートや段ボール、ロープなど…
身近な素材を用意します。
この日の基地作りの目標は…
「どうしたら少ない材料で安心して寝られるか?」
一夜を楽にするのもハードにするのも自分次第。
ハードな一夜はより奥深い経験を得られます。
楽な一夜は安心と希望をもたらします。

'17 617(土)18(日)10時
1泊2日 悪天中止
おかげさまで定員に達しました。(5/22)
キャンセル待ちを承れます。

活動地:あきる野市・協同村 
対 象:小3くらいから大人までどなたでも。
 集中して工作できるなら小1くらいでもOK。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
定 員:5家族(10名)様程度。
参加費:11,000円/人(2回の食材費・材料費・保険を含む。)
交通費と施設利用料は別途実費。
 ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。

施設利用料:1泊2日
一般生活クラブ東京組合員
小学生以上1000円800円
未就学児無料無料

活動内容
6/17(土)
協同村に到着後、基地作り開始。
16時までには作り上げたい。
夕方から薪とり・たき火
夕食作り。
希望者は温水シャワーあります。

6/18(日)
朝食作り。
朝食後に振り返り。
「一夜寝てみての感想と構造の改善点共有」

【サポート】
・寒い人用に大型タープ(またはテント)を用意。
・夜間でも暖かい飲み物を用意。
・たき火OK
・あたたまる夕食と元気出る朝食の食材を用意。
 (作るのはみなさんです。)

【当日こちらで用意するもの】
・大型シート
・段ボール
・ガムテープなどテープ類各種
・紐類各種
・カッターその他工作用品各種
・ペグ、ハンマーなど

お申込ページはこちら

集 合: 6/17 JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場8:55
9:00発バスに乗車。時間厳守でお願いします。
または
協同村に直接9:15
(駐車場あります。600円/台>1泊2日分)

交通ご参考(武蔵五日市駅集合の場合):
JR新宿7:44発・中央線ホリデー快速あきがわ3号乗車、JR武蔵五日市8:48着。
ご注意ホリデー快速は乗った車両で行先が違ってしまいます。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら
解 散:6/18 協同村10時(予定)。

活動の目的: 
一夜を過ごすための基地を自作し、実際に使ってみる。
持ち物
凡例:必携。あれば便利。
リュック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
ヘッドライト予備電池ヘッドライトは必ず新品電池を入れておくこと。
さらに予備電池も必要です。
なければ手持ちの懐中電灯でもOK
軍手必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子広いつばのものが便利。
黒っぽい色は蜂に狙われやすいので不可です。
6/17の昼食おにぎりやサンドイッチなど小分けで食べられるものを推奨。
活動時の服装その日の温度によって適切なものを。
防寒具夜は冷えるかも。前日の天気予報を見て最終的に決めよう。
軽くてかさばらず暖かいダウンジャケットが便利。
寝袋や毛布がなく防寒具だけでごろんと寝ても死なない季節です。
あえて寝具なしでチャレンジするのもよい経験になります。
前ジッパーで素早く脱着できるといいですね。
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
ハンカチ・ハンディタオル
タオル手ぬぐい大のもの。シャワーを使うときも便利。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
食器(樹脂製を推奨)おわん状1・皿状1、コップ1、箸やフォーク
なるべく大きめのものが便利。大は小を兼ねます。
洗いもののコツは → こちら
トイレットペーパー1ロールの1/2程度。芯を抜いてビニール袋に入れて持参。
ビニール袋ゴミ袋大1(荷物整理に役立つ)
ジップロック大2以上
(調理やゴミ、ぬれた衣類を入れるなど)
工作用具ハサミやカッターなど自前のものを用意すれば作業が早い!
クレヨンや油性マジックなどは基地を楽しくアレンジできます。
レジャーシートあればなにかと便利。1人1枚。
大きいほど役立つかも。
折り畳み傘小雨のときに便利。基地作りにも利用できる。
マッチまたはライター
常用薬と絆創膏2枚
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
寝具毛布や寝袋など。
寝袋は便利だけど基地のデキが悪くても気づきにくい欠点あり。
チャレンジャーは寝具なしでの一夜もOK !
マット銀マットなど。
既製のマットは楽だけど「基地のリアリティ」に欠けるかも。
チャレンジャーは…
古新聞紙(3朝刊分くらい/人)とゴミ袋(大)2~3枚
歯ブラシほか洗面用品
保険証コピー

共催:
NPO法人地球野外塾・生活クラブ東京


お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

2017年5月17日水曜日

「地図にない道をゆく滝子山ハイク」募集開始。

中央線沿線の名峰・滝子山。
読図して南稜の岩場を歩こう。
よくぞ残っていたと思える稜線の自然林。
集中が求められる岩場の登りと読図。
知力・体力ともに問われる良コースです!

'17 63(土悪天中止
あと6名様承れます(5/20)
集 合:JR中央線・笹子駅改札外9:00
解 散:JR中央線初狩駅・18時頃予定。
 (都心まで普通電車で約2時間。)17:42、18:18乗車目標。
対 象:小3くらいから大人までどなたでも。
定 員:8名様くらい。 最少催行人数:4名
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
 小4以上はおひとりで参加できます。
活動地:山梨県大月市・寂しょう尾根経由で滝子山。
登り下りともに標高差1000m越えのタフなコース。
夏のアルプス歩きの力試しにもなります。
参加費6,500円/人 保険料込(交通費別途実費)
活動の目的: 地図を読みながら標高差1000mの登降にチャレンジ。


お申込ページはこちら
交通のご参考
(おすすめ)JR高尾駅8:10始発の普通甲府行き乗車、8:59笹子駅着。
そのほか特急を使う、京王線を使う、などあります。
高尾駅までは京王線を併用できると安いです。
(例: 新宿〜笹子間すべてJRだと大人片道1940円、新宿〜高尾で京王線を利用すると1200円)
中央線の車窓から見る滝子山。
北側は遠く大菩薩嶺に繋がります。
登路にはこんなところもあります。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
ザック以下のものが全部入る大きさ。
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
帽子蜂対策にも有効。白っぽいものを。
あたたかい長袖ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できるフリースやダウンなど。
日照がないと冷えるかも。
軍手または薄い手袋岩場やヤブで。すべりにくいものを。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本/日。
昼食サンドウィッチやおにぎりなど
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシート家族に1枚あると便利。
トイレットペーパー
ティッシュペーパー
トイレットペーパーは芯を抜いてつぶし、ビニール袋に入れる。
ストック折り畳みできるものでないとあぶない。
大人のみ必要に応じて下りの疲労軽減に。
地図次からプリントできます → こちら
主催者がコピーを用意しますが自分でプリントする経験は役立ちます。
方位磁石(コンパス)できればプレート型コンパスを。
コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでもかろうじて可。
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
暗くなったとき用。
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター緊急時用。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。ほかに常用薬。


主 催:NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

親子で「探検・三浦半島の知られざる海岸線」募集開始。



【ライフジャケット普及活動】
波と風に磨かれた海岸線。
地形の弱点を探して進む
ムズカしさと楽しさ♪
'17 527日(土)
日帰り 強風・悪天予報時は中止
あと2名様承れます(5/24)
危なげな岩礁と安心できる砂浜が繰り返し現れます。
慎重に進むうちに次々と豪快な自然美が展開。

参考:干潮11:33  -0.1m/満潮18:35 1.7m
昨年のようすは → こちら

本活動の注意点:
・行程に岩場が多く、転倒・転落を十分注意してください。
・フナムシが多いので苦手な方はじゅうぶんご検討ください。
対 象:小学校低学年くらいから大人までどなたでも。
定 員:10名様。 最少催行人数:4名様。
 小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
 小4以上はおひとりで参加できます。
参加費:6,500円/人(保険料込・交通費別)
 ライフジャケットご持参の方ご本人に1000円割引します。


お申込ページはこちら

集 合:京急三浦海岸駅
 改札外正面・2番バス乗り場8:30
【交通のご参考
品川7:10発の特急三崎口行き乗車、8:19三浦海岸着。
駅構内または改札外でトイレをお済ませください。
このあと8:47発のバスに乗るため時間厳守願います。
バスは混み合う恐れがありますのでご注意下さい。
バス往復540円から560円(帰りのバス経路によって変わります)
小学生は上記の凡そ半額。
【お得なきっぷ情報】
三浦半島1dayきっぷ →当日京急に乗るとき主要駅自販機で購入できます。
「きっぷ」→「お得なきっぷ」(左列にあり)→「三浦半島1dayきっぷ」

解 散:三浦海岸駅16時頃(予定)品川→三浦海岸片道860円

「ここホントに歩けるの?」
だいじょうぶ。「見た目よりはカンタン。」
三浦の海はちょっと驚くほど、きれい。
岩場と小ビーチが次々に現れます。
活動地:神奈川県三浦市
活動の目的:
・ライフジャケットの安心感を体感する。
・自然な地形のなかで進路を見つける体験をする。

持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(15Lくらい)
雨具上下(兼防風着)風よけを兼ねます。
ライフジャケット子どもは必携。おとなは任意。
持参されないお子さんにはお貸しします。
ヘルメット子どもは必携。
万一お忘れになると活動にご参加できません。
おとなは任意。あればよりよい。
軍手または手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを。
忘れるとケガの恐れ大。
あたたかい長袖ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
当日が好天予報ならば省けるかも。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
肌の露出部ができるだけ少なくなるように!
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
ぬれる可能性100%。
クロックスのようなサンダル底のクッションがよいのでウォーターシューズより楽。
底ゴムがやわらかいから岩によく食いつく。
サイズが足に合っていることが重要。
積極的に水に入るといっそう安全。
家からずっと履き通すこともできます。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
潮風に吹かれるのでぬれタオルも最高。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上
海辺は想像以上に喉が渇きます。
昼食サンドウィッチやおにぎりなどなんでも!
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシートあればよいが省いてもだいじょうぶ。
サングラス晴れていたら大人はぜひ。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
地図こちら
1/25000地図名は三浦三崎
主催者がコピーを用意しますが持参する心構えは大切。
方位磁石(コンパス)コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでも可。
ヘッドライト
または防水の懐中電灯と予備電池
万一暗くなったとき用。
両手があくヘッドライトがよい。
タフで信頼できるマグライトもOK。
マッチまたはライター緊急時用。
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

2017年4月27日木曜日

親子で歩く夜の山「山小屋泊まりのナイトハイク」募集開始。

ヘッドライト点けて
踏み跡わずかな山道
山小屋目指して歩く。
岩場などのリスクはありませんが
登る距離、道の状態など…
いつもより手強いナイトハイク。

'17 520(土)夕21(日)午前
1泊2日 悪天中止
あと6名様承れます(5/15
活動内容
5/20
御嶽駅から日の出山へ地図に出てない道を歩きます。
日の出山山頂直下の山小屋泊。
小屋は貸切ですから気兼ねなくくつろげます。
歩行距離4.5km/登り670m/最高地点標高902m
約3時間の歩行(予定)
山小屋に着くとようやくほっとできる。
5/21
つるつる温泉を経て武蔵五日市へ下山。
歩行距離4km/下り540m
約1時間半の歩行(予定)

対 象:小2くらいから大人までどなたでも。
大人の方だけでもご参加できます。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。
定 員:16名様。

参加費:8,500円/人(食材費・保険を含む。)
交通費と山小屋利用料は別途実費。
交通費:
往路参考:JR新宿ーJR御嶽920円
復路参考:バス360円、JR武蔵五日市ーJR新宿800円
子どもは上記の半額
山小屋利用料:
大人3,000円・小学生以下2,000円
お申込ページはこちら

集 合:5/20 JR青梅線・御嶽(みたけ)駅改札外17:15
集合時間を1時間遅くしました(5/2)
交通ご参考:
15:43新宿発の青梅行きの青梅特快に乗車、青梅駅で接続する下り奥多摩行き普通電車に乗車するとこの時間に着きます。時間厳守

解 散:5/21 つるつる温泉10時頃(予定)
つるつる温泉からJR武蔵五日市駅までバス20分

【食事】 あらかじめ食物アレルギーをお聞きします
5/20夜
行動中に召し上がれるようなおにぎりやサンドイッチなどをご持参ください。
→夕方歩きはじめてから小屋に着く間も小刻みに食べ続けます。
山小屋着後はミネストローネスープ(5/18確定)(例)のような食事スープと食事パンをご用意します。
ココア、コーヒーはじめホットドリンク各種のほか果汁100%ドリンク数種をご用意。
薪ストーブたきながら山小屋の夜を軽食とともにお楽しみください。
(アルコール類はご持参のうえ適量お楽しみください。)

5/21朝
パンケーキとフレッシュフルーツ
生クリーム・メープルシロップ・ジャム
卵料理にベーコン・ソーセージ
サラダ
ホットドリンク各種


日の出もすばらしい。
活動の目的:
・山小屋を活用した山歩きをしてみる。
・山小屋での時間を楽しむ。

持ち物
凡例:必携。あれば便利。非常用にいつも携行を推奨。
リュック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
100円ショップの雨具は破れやすいので2組持ってくること。
ヘッドライト予備電池ヘッドライトは必ず新品電池を入れておくこと。
さらに予備電池も必要です。
軍手必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子広いつばのものが便利。
黒っぽい色は蜂に狙われやすいので不可です。
5/20夜の食事おにぎりやサンドウィッチなど小分けで食べられるものを推奨。
あたたかい長袖前ジッパーで素早く脱着できること。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
ハンカチ・ハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
タオル手ぬぐい大のもの。帰途に温泉に行かれる方も便利。
(山小屋には風呂はありません。)
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
食器(樹脂製を推奨)おわん状1・皿状1、コップ1、箸やフォーク
なるべく大きめのものが便利。大は小を兼ねます。
洗いもののコツは → こちら
トイレットペーパー1ロールの1/2程度。芯を抜いてビニール袋に入れて持参。
水が貴重なので食器の汚れとりに役立ちます。
ウェットティッシュ食事のときに役立つほか、就寝前にからだを拭くなど。
ビニール袋ゴミ袋大1(荷物整理に役立つ)
ジップロック大2以上
(調理やゴミ、ぬれた衣類を入れるなど)
歯ブラシほか洗面用品
ストックほぼ不要。
レジャーシートあればなにかと便利。1家族1枚でよい。
折り畳み傘小雨のときにはほんとに便利。
地図こちら
ご自身でプリントする経験がたいせつ。
方位磁石(コンパス)できればプレート型コンパスを。
コンパスつき時計や100円ショップのコンパスでもOK。
マッチまたはライター
常用薬と絆創膏2枚
折りたたみナイフなにかと便利。詳しくはこちら
子どもがもつかどうかは親御さん判断。
保険証コピー
不要寝具。清潔で暖かい寝具あり。

主催:
NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617