2018年1月9日火曜日

小正月・節分に「イチからやるたき火」募集開始。

2017年度 地球野外塾 × 生活クラブ東京共催
火は季節の節目を浄めます。
だから…
たき火を焚こう。あかあかと。
たき火を使おう。活き活きと。 
薪拾い→火をつける育てる使う始末する。
思う存分、火とつきあう一日
節分にはイワシを焼いて小豆粥を炊きます。
'18 113(土・小正月前)
→最小催行人数に至らず中止 orz (1/12)。
'18 23(土・節分)
→最小催行人数に至らず中止 orz (2/2)。

悪天のときは中止。 

活動地:あきる野市・協同村 
対 象: 年長さんくらいから大人までどなたでも。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小学4年生以上はおひとり参加できます。
定 員:各日10名様。最少催行人数6名様。
参加費4,400円/人(保険・食材費込)+下記施設利用料。

  施設利用料:
※交通費別途実費
  ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス176円。
一般生活クラブ東京組合員
中学生以上600円500円
小学生400円300円
未就学児無料無料

お申込ページはこちら

集 合:
JR五日市線・武蔵五日市駅改札外1番バス乗り場10:30
10:35発バスに乗車。時間厳守でお願いします。
交通ご参考:
JR新宿9:08発・中央線青梅快速乗車、拝島で乗り換えてJR武蔵五日市10:26着。
ご注意ホリデー快速は乗った車両で行先が違ってしまいます。
五日市線に慣れていない方は右を必ずご確認ください。→ こちら
解 散:
JR武蔵五日市駅16時頃(予定)。 または協同村15時半頃(予定)。
活動の目的:確実にたき火をおこせるようになる。   
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。
デイパックなど以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具ねんのため。
100円ショップのものでもいいです。
燃えにくく暖かい衣服ウールやコットンベースで。
ナイロンはじめ合成繊維は穴が開いたり、溶けたりします。
エプロンあれば便利。ケガ予防にも。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを。
帽子寒さよけ、頭部保護にも役立つ。
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
タオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシート100円ショップで売っているものでOK。
ボロボロになってもよいもの。
折りたたみイス100円ショップで売っているものでもOK。
タオルやハンディタオル
ぼろきれなにかと便利。
飲み物最低500MLペットボトル1本。
お弁当おにぎりやサンドイッチ等。
アルミ製レンジフード100円ショップで売っています。
焼いて食べたいもの
1/13 主催者側でだんご材料とみかんを用意します。
2/3 イワシと小豆粥食材を用意します。
お好きなものなんでも。
過去のご持参例:
肉、海産物、イモ、ネギ、リンゴなど。
用具フライパン、網、串など必要に応じて。
共 催:NPO法人地球野外塾 × 生活クラブ東京
お問い合わせはお電話03-3785-4617