2018年4月4日水曜日

春の海岸を親子で歩こう。「内房・お宝探し海岸ハイク」募集開始。

化石も落ちてる長ーい海岸
自分だけのお宝見つけよう。
貝殻、ビーチグラス、流木、ときどき化石。
君は、なにを見つける?
ヤマトオサガニの化石、稀に海岸に落ちてます。
レアだから、お宝にふさわしいです。
'18 415日(日)あと13名様承れます(4/5)
日帰り 悪天中止
→悪天予報で中止としました(4/13)


活動地千葉県富津市の海岸線・約7.5km(起伏はほとんどなし。)
対 象:小学生くらいから大人までどなたでも。
定 員:15名。 最少催行人数:6名。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。集合・解散場所は応相談。
参加費:4,500円/人・保険料込(交通費別途実費)

お申込ページはこちら

集 合:JR内房線・上総湊(かずさみなと)改札外9:00 時間厳守
交通のご参考:
【東京から】
JR東京駅・京葉線2番線6:55発蘇我行き乗車、蘇我で内房線館山行きに乗り換え、上総湊8:58着(大人1670円/小学生半額)。

解 散:JR内房線・佐貫町駅15時半頃(予定)
復路交通のご参考:
JR内房線佐貫町駅・15:24発千葉行き乗車、君津、蘇我で乗り換え、東京駅17:02着(大人1670円/小学生半額)。
ほか、木更津駅から東京湾横断道路を経由して各地行き高速バスあり。

活動の目的:大潮干潮時の海岸を散策しながら知見を増やす。
春の海岸は歩くだけでも気持ちいい。
親子で探し物をすればうんと楽しい。
持ち物
記号の意味:必携。楽しさを左右する重要な持ち物。あれば便利。
リュック以下のものが全部入る大きさ。(15Lくらい)
雨具100円ショップのものでもOK。
防風対策にもなる。
クロックスのようなサンダルあれば気楽。
ぬれないよう気遣うより水際をざぶざぶ歩く方が安全。
靴下を脱ぎ履きすれば往復の行程もこれひとつでOK。
ただし靴底が摩耗していないものを。
靴底が減ったクロックス様のサンダルは危険。
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
上記のようなサンダルだけでも現地往復と活動OK。
帽子直射日光を避ける。
風に飛ばされないよう、紐つきを推奨。
ライフジャケットお子さんは持っていればぜひ。
なければ持ってこなくてよいが、気をつけて。
当日の行動時間は干潮時だけど要注意。
ヘルメットお子さんは持っていればぜひ。
自転車用でもなんでもよい。
行程の前半に崩れそうな崖下あり。
マフラーなど防寒小物も役立つ。
安全メガネ(ゴーグル)
100円ショップのものでもOK。
岩石の粉砕塵から目を守る。
暖かく動きやすい服土や水で汚れてもよいもので肌露出ができる限り少なく。
着替えぬれたり汚れたりのままで帰るのがイヤな人のみ。
ハンマー
化石を探してみたい人は家族に最少ひとつ。
化石を探さない人は不要。
※なくても採れます。
タガネ
崖で化石を探したい人は家族に最少ひとつ。
化石を探さない人は不要。
※なくても採れます。
刷毛(筆)
使い古しの歯ブラシも便利。
化石を探してみたい人は家族に最少ひとつ。
化石を探さない人は不要。
※なくても採れます。
カメラ
化石が出た地層や岩を撮影しておこう。
化石を探さない人は風景を楽しむために。
※なくてもだいじょうぶ。
ヘッドライト狭い岩のすき間が見つけやすくなる。
虫メガネ(ルーペ)100円ショップのものでもOK。
ピンセット

ウェスぼろ切れのこと。拭いたり、ぬぐったり。
軍手炊事用ゴム手袋で代用してもよい。
濡らさないように使うなら便利。
いったん水に濡らすと使いにくくなる。
防寒着(防風ウェア)ジッパーやボタンで素早く脱着できること。
風が強くなったら大助かり。
タオルやハンドタオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシート家族全員が座れて荷物を置ける大きさと枚数。
折りたたみイス100円ショップで売っているものでもOK。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
お弁当おにぎりやサンドイッチ等何度かにわけても食べられるもの。
カップ麺も可。(必要な水は用意すること)
ビニール袋ジップロックみたいな袋適宜。
(採取したお宝やぬれた服など)
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。
ほか自分の常用薬。

心理的に遠いと思いがちな房総半島。
都心から半径60kmの同心円だと奥多摩や丹沢の玄関口・秦野とほぼ同距離。
【クリックで拡大】

お問い合わせはお電話 03-3785-4617