2012年3月9日金曜日

世界遺産「熊野古道・雲取越キャンプ」募集開始

山中で出会う石仏はいまもなお厚い信仰の対象です。
百間ぐらからの眺め。どこまでも遠く紀伊の峰々が続きます。
ひとが少ない雲取越は、苔むした古道がよく残っています。
おかげさまで定員になりました。ありがとうございました。(4/23)

私たち日本人は古来、いくどもの災害や予期せぬことに脅かされながら生き存(ながら)えてきました。

千年の昔から明日知れぬ命のはかなさを知っていた人々が「再生の地」としてこころの支えとしたのが熊野本宮大社。
その熊野本宮大社を目指して紀伊の山中に細々と続く世界遺産・熊野古道は、自然と自分との関わりを見つめ直すのに絶好の地です。

なかでもとくに山中の苔や景色が美しく、険しいがゆえにひとが少ない雲取越(くもとりごえ)を、昔のひとと同じように那智大社から熊野本宮大社を目指して歩いてみませんか。

'12  5月2日(水)夜発~6日(日)4泊5日(うち1泊は車中泊)
行程概略 
5/2(水) 夜行バスで池袋発。
5/3(木・祝) 勝浦温泉着後、大門坂を経て那智大社、那智の滝へ。那智駅そばで泊。
5/4(金・祝) バスで那智山へ。大雲取越(約16km)を経て小口で泊。
5/5(土・祝) 小雲取越(約15km)で請川へ下り、渡瀬温泉で泊。
5/6(日) 熊野本宮大社参拝。新宮におりて速玉大社へ。東京駅で解散。
※悪天、参加者の体調不具合などの不可抗力による行程変更があり得ることをご了承ください。
雲取越の行程。クリックで拡大します。
●このキャンプの特長
  1. 熊野三山(本宮大社、那智大社、速玉大社)のすべてを訪ねます。
  2. 世界遺産・熊野古道のなかでも白眉といわれる大雲取越と小雲取越あわせて約30kmを続けて歩きます。
  3. 宿泊はテント泊または宿泊施設泊のどちらかを選べます。熊野は苦労するほどご利益も多いといわれていますのでがんばりたいひとはテント泊を、ゆっくり眠って安心して歩きたいひとは宿泊施設泊を選ぶことができます。キャンプに慣れていないひとでも安心してご参加いただけます。
  4. 食事は原則的に朝夕自炊、昼は弁当。必要に応じて外食を組み合わせます。
参加費:30,000円(行程中の食費を含む/自炊ほか7食)
 交通費/宿泊費別途。交通費(目安)と宿泊費は以下を参照してください。

交通費 以下の内容でおとな約30,000円、小学生約15,000円。
利用交通機関(首都圏発着の場合。カッコ内は大人料金、小学生は半額)予定
5/2 池袋〜勝浦温泉 高速バス(10,400)
5/3 勝浦温泉〜大門坂前 バス(410)
5/3 那智の滝前〜那智駅 バス(470)
5/4 那智駅〜那智山 バス(470) 
5/6 本宮〜新宮 バス(1,500)
新宮〜都区内 JR(15,920)
・宿泊費
宿泊方法はつぎのうちから選べます。いずれも毎日入浴可。
テント泊 料金2,500円(幕営料)
※寝袋など幕営に必要な個人装備はご自身で携行していただきます。
宿泊施設泊 料金10,500円(3ヶ所での素泊料金) 
(内訳:5/3・民宿3,000円、5/4・公営宿4,000円、5/5バンガロー3,500円)
対 象:およそ小学生3年生程度以上の方ならばどなたでも。おひとり、ご家族、仲間どうしなど自由です。
定 員:8人(最少催行人数6人)。スタッフ2名がつきます。
締 切:4/26(木)
こんな方におすすめです。
・熊野古道を本格的に歩いてみたいとあこがれていたひと。 
・深い自然のなかで静かに自分を見つめてみたいひと。
・熊野の魅力にたっぷりと触れてみたいひと。
集 合:5/2(水)21:00に池袋駅東口の高速バス発着所(時間厳守)
または初日の宿泊施設(JR那智駅至近)
解 散:5/6(日)14時新宮駅、20:01新横浜駅 20:16品川駅 20:23東京駅
活動の目的:自分の足を頼りに世界遺産・熊野古道の魅力を体験しよう。

【お申込者用書類
キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
★お申込者用書類お申込書
エクセル版(29KB)
PDF版(32KB)

主 催:NPO地球野外塾
お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617