2012年4月9日月曜日

シャルトリューズの秘薬。

後ろの写真はリキュールの成分を調合するシャルトリューズ修道院(仏)の僧侶。
昨日も今日も、初夏の活動のPRで歩き回ったり、自転車で走り回ったり。
疲れたうえ夕方から急に冷え込んできたので、たまらず帰途にお酒の量販店に入ったら、シャルトリューズのめずらしいリキュールを発見。
エリクシール・ヴェジタル(植物万能薬)という名前。

薬草系のリキュール、好きなのです。
ペルノー、アプサン、リカール、シャルトリューズなど、なんでもこい。
でも、ベタッと甘いのは苦手なので、ストレートは避けて、ペルノーやリカールを水で割って白濁していくのをみながら飲むのがこれからの暑い季節の楽しみ。
 翻って、300年前から130種の薬草類で作られているというかの地のこの「養命酒」は、「毎日、少しずつ続けて摂ること」で疲労や不快感を取り除いてくれるということ。

薬瓶のようなボトルに、苦笑したのはリーペリンソースの口のようなプラスチックのアタッチメントが同梱されていて、これを付けるといやでも少量ずつしか出ません。もちろんそうしました。

いっしょについてくるパンフレットには角砂糖のうえに少量をかけてそのまま飲む(食する)という方法が勧められています。

それでも69%という高いアルコール度数では、ほんわか気分になるのにじゅうぶん。

今日の疲れがとれて、明日から羽が生えたように仕事ができますように。