2012年10月15日月曜日

「秋野菜を使った重ね煮料理」試作。ウマ―ゝ(*´Д`)ノ

今日は野外塾のスタッフが週末の重ね煮教室でみなさんにトライしていただく料理の試作をしました。

まずは料理の素材となるプレーンな重ね煮づくり。
材料は…
しめじ、舞茸、えのき茸、たまねぎ、にんじん、ごぼう、れんこん、さつま芋。
切って重ねて弱火で30分火にかけます。
ほくほくっとできましたよ♪

つぎはそこからごぼうとれんこんを取り出して、きんぴら作り。
 
コツは…… 「なにもない」(笑)。
酒とめんつゆをからませ、鍋で煮汁がなくなるまで炒りつければ終了。所要時間3分。

つぎは2種のハンバーグ。
まずはキノコのハンバーグ。
重ね煮のうち、キノコ類を取り出して、牛豚の合い挽き、塩コショウとかるく練り合わせてハンバーグ型にします。つなぎはなし。ここまで3分。
もう1種は根菜のハンバーグ。
重ね煮のうち、キノコ類の代わりに根菜類を取り出して荒く刻みます。あとは上記ハンバーグと同じ。

温めたフライパンにサラダ油をひき、これらを入れたらフタをして弱火で焼きます。
いい香りがしてきたら、ひっくり返してもう片面を焼きます。
表面に肉汁がでてきたらできあがり。
ハンバーグが焼けるあいだに、生野菜に重ね煮と旬の柿をスライスしてまぜたつけあわせのサラダを作ります。
ドレッシングはお酢とオリーブ油をベースに調味料で味を調えてシンプルに。

フライパンに残った肉汁にデミグラスソースなどと重ね煮で作ったキノコ類を入れて泡がでてくるまで煮立ったら火をとめます。

ハンバーグを皿に盛ってきのこソースをかけたらできあがり。
ここまで約10分。

いやー、うまかったです。はい。
とくに、根菜ハンバーグは根菜の歯ごたえと旨味が牛豚の香りとよく合う。
「根菜と肉」コンビの実力を新発見しました。

忙しい毎日、手早くおいしい料理のベースとなる重ね煮の作り方と、重ね煮を使った料理を体験できる「秋野菜を使った重ね煮料理教室」。
ぜひお試しくださいね!