2015年1月17日土曜日

「たき火でイチから作るきりたんぽ鍋」募集開始。

写真では普通の地鶏を使っていますが当日は比内地鶏を使います。
一年でいちばん寒い大寒だから……
たき火ぬぐだまってげ(暖まっておいで)
秋田の郷土料理・きりたんぽ鍋をイチから作ろう。
たき火をおこして米を炊き、鶏ガラスープを作り、鍋を煮立てる…
日常では省きがちな調理のイロハを親子でのんびり楽しみましょう♪
1 炊いたお米をつぶして    
2 杉材に巻いて        
3 表面をならして…      
4 このあと炭火で焼きます。  
'15 21(日)日帰り 悪天中止。 
当初の定員10名様に達しました(1/19)
→ご好評いただき定員を5名様増やしました。
→あと1組承れます(1/19)。

集 合:JR五日市線・武蔵五日市駅改札外9:30
 このあと9:47発バスに乗車。早めに列に並ぶので時間厳守願います。
 交通参考:
 ・JR新宿8:19発中央線・ホリデー快速あきがわ3号乗車、終点JR武蔵五日市9:21着。
 ・ご注意:ホリデー快速あきがわ号はホリデー快速おくたま号と連結しています。
 五日市線に慣れていない方は次を必ずご確認ください。→ こちら
解 散:JR武蔵五日市駅16時頃。
対 象未就学児から大人までどなたでも。
定 員:4組10名様から15名様程度。最少催行人数5名様。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。ご希望に応じて集合・解散地を承れます。
参加費4,000円/人(未就学児3,000円) (食材費、保険込)
     +下記施設利用料
 施設利用料:
一般生活クラブ東京組合員
中学生以上600円500円
小学生400円300円
未就学児無料無料
※交通費別途実費
ご参考:大人片道/新宿・武蔵五日市間800円。バス170円。

当日の昼食ごはんと具だくさんの本格的なきりたんぽ鍋。
 築地の専門店から求める比内地鶏を使います
 スープは醤油、塩、干しシイタケ、昆布、鶏ガラ等から自作。
 食材は食物アレルギーがある方のご希望を配慮できます。
 事前にお申込者に食物アレルギーの有無をおききいたします。
 作るのはもちろん「みなさん」ですよ♪
活動地:協同村キャンプ場。
活動の目的:
・火の扱い方をしっかりと身につける。
・火を利用して「暖まる、調理する」体験をする。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。●追加の持ち物
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具ねんのため。
100円ショップのものでもいいです。
火に強い衣服コットンやウール。
合繊は火の粉で穴が開きます。
エプロンあれば重宝します。
すりこぎ1/30追加。1家族に1本でOK。
お持ちでない方はご連絡ください。
軍手または薄い手袋必携。子どもは子ども用サイズのものを推奨。
帽子寒さよけ、頭部保護にも役立つ。
あたたかい長袖ジッパーやボタンで素早く脱着できること。
素材はウールなどがよい。
下着・中間着コットンが入った素材は極力避ける。
詳しくはこちら
汚れてもよい靴靴底が摩耗していないもの。
タオル手ぬぐい大のもの。
レジャーシート
折りたたみイスあると便利。100円ショップで売っているものでもOK。
軽食お菓子のほか、たき火で焼いて食べたいものなどもどうぞ。
飲み物最低500MLペットボトル1本以上。
食器(樹脂製を推奨)おわん状1・皿状1、コップ1、箸やフォーク
トイレットペーパー1ロールの1/3程度。芯を抜いてビニール袋に入れて持参。
食器の汚れ拭き取り用。

お申込用専用ページは → こちら

ご協力:協同村

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617