2016年4月17日日曜日

日本百名山「残雪の谷川岳ハイク」募集開始。

天神尾根最後の雪田を登れば頂上は近い。
振り返ればスタートした天神平がはるか彼方。
準備万端で残雪の谷川岳へ。
上越特有のムード溢れる好ルート。

'16 515(日)   
日帰り・悪天中止
あと1〜2名様承れます(5/10)

基本的には晴れそうなら実施。
お山のご機嫌がよいときを狙います。

活動地:群馬県・谷川岳
行 程:

最高到達標高 :1963m
累積の登り標高650m 累積の下り標高650m
移動距離約8km
標準コースタイム5時間 予想所要時間:7時間
対 象:小学校高学年くらいから大人までだれでも。
 大人だけの参加もできます。
定 員:5名様(最少催行人数3名様)
参加費7,500円/人(保険込)
昨年のようすは → こちら

集 合:
谷川岳ベースプラザ6階きっぷ売り場前8:50
【交通ご参考】
上越新幹線・東京駅6:36発Maxたにがわ401号乗車、上毛高原駅7:53着
上毛高原駅外1番バス停8:00発谷川岳ロープウェイ行バス乗車8:45着
解 散:
谷川岳ベースプラザ16時頃。
【交通ご参考】
上毛高原駅行バス16:00〜16:56発乗車を目標。

活動の目的:
 日本屈指のスケールをもつ山に登る。
トマの耳・オキの耳間から苗場山方面を望む。
持ち物 気圧配置次第では準冬山に逆戻りすることを念頭に準備。
記号の意味:必携。あれば便利。非常用にいつも携行。
リュック
雨具ゴアテックスなどのしっかりした素材のセパレート型。
手袋×2薄手と厚手があるといい。
子どもは予備必携。
帽子
防寒具
紫外線対策サングラス、日焼け止め、リップクリーム等
中間着
しっかりした靴
タオル晴れればすごく汗をかく。
レジャーシートまたはエマージェンシーシート
ストック持ってくるならば折り畳めるもので。
昼 食
行動食
飲み物
ビニール袋
アイゼン下記【ご注意】をご参照ください。
常備薬
マッチかライター
方位磁石
地図こちら
プリントして持参する経験は役立ちます。
折りたたみナイフ
保険証(コピー)
ヘッドライト

【ご注意】
ミドルカットまたはハイカットの靴とその靴に合わせたアイゼンの携行が必須です。
アイゼンはなによりもお履きになる靴に合っていることが大切ですので貸出は致しておりません。ご購入に関してはお気軽にご相談ください。
6本爪以上を推奨します。

主催:
NPO法人地球野外塾

お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617