2012年1月27日金曜日

「入笠山(にゅうかさやま)そり遊びハイク」募集開始。

入笠山(1955m)は日帰りが可能な長野県の秀峰。
条件がよければご家族や仲間どうしなどどなたでも雪上ハイクを楽しめます。
スキー場のゴンドラ終点から雪の斜面を頂上めざしてハイクアップ。
下りは、ヒップソリ(お尻の下に敷くポリ製のそり)を使ってビューン!とね♪
(ヒップソリはこちらでご用意します。もちろんMyソリも持ち込み自由。)
'12 3月4日(日)11日(日)
悪天や強風時、そり遊びができないくらい雪が少なかったら中止
※3/4は雨が降る確率が高いため中止しました。11日は引き続き募集中です。 (3/2)
集 合:09:55 JR中央本線・富士見駅改札外
ご参考:新宿発6:00発中央線乗車、立川乗換で09:52富士見駅着※1
ご参考:新宿発7:30発あずさ3号乗車で09:43富士見駅着※2
ご参考:※1 大人片道5360円、あずさ回数券(茅野ー富士見)を使うと1000円くらい割安に。
ご参考:※2 大人片道3260円、復路も普通電車を使うと青春18きっぷ扱いで往復2300円!
ご参考:車で現地集合は富士見パノラマリゾート・インフォメーション前に10:20
お子さんだけの参加の場合など新宿駅での集合解散希望があればご要望をどうぞ。
前向きに対応します。

解 散:富士見パノラマリゾートで16:30頃 または富士見駅で17:10(予定)
行動時間:山中約5時間。
対 象:小学生くらいからオトナまでどなたでも。
参加費:5,000円(交通費別/富士見パノラマリゾートまでの交通費+ゴンドラ代1400円)。
行 程:ゴンドラ山頂駅から入笠山山頂(1955m)往復。標高差約200m
定 員:10人(最少催行人数6人) 締切3/1(木)または3/8(木)
活動の目的:雪の山歩きと、ワイルドなそり遊びをたっぷり楽しもう。

使用するヒップソリはこれ。わずか200gのこのシンプルな道具が楽しい時間を作ってくれます。
その他:スキー場から徒歩10分(1.2km)のところに温泉施設もあります。
持ち物  記号の意味:◎必ずいる。 △ひとそれぞれですがご持参をすすめます。
ザック以下のものが全部入る大きさ。(20Lから30L)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
防寒具フリースやダウンなどで前ジッパーで素早く脱着できること。
下着や中間着コットンが入った素材は極力避ける。詳しくはこちら
耳まで覆える帽子スキー帽やビーニー。
濡れに強い靴底のトレッドがしっかりしていてミッドカット以上のもの。
手袋スキー用など厚いもの。予備ひと組があるとさらによし。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本。
昼食米は凍結しないように注意してもってくること。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
レジャーシート休むときには折り畳んだままサッと敷いて冷え防止。
ストックあれば大活躍。折りたたみ式だと下りのときもラク。
スノーシューあれば登りはラクチン。手頃な価格のこんなのもある
マフラーやホカロン寒がりのひとはあると安心。
スパッツ(ゲイター)靴の上部から雪や砂礫が入るのを防ぐ。
テルモス簡易魔法瓶のこと。熱い飲み物を入れておくと大重宝。
地図コピーを用意しますが、実物をもつ習慣をぜひ!
コンパス(方位磁石)持ってくるならばプレート型がよい。
主 催:NPO法人地球野外塾

【お申込者用書類
 キャンセル規定などのご確認事項(お申込にあたり必ずお読みください)
PDF版(88KB)
お申込書
エクセル版(29KB)  
PDF版(32KB)

お問い合わせはお気軽に03-3785-4617