2017年9月27日水曜日

ホームページのURLが変わりました。

ホームページのURLが変わりました。
http://yagaijuku.org
です。
覚えていただきやすいよう、できるかぎり短くしました。
ぜひお気に入り登録を更新していただけますよう、お願い致します。
ちなみに
org
というドメインは非営利団体用のドメイン。
同じく非営利団体用ドメインである
or.jp
よりインターナショナルで、カジュアルな雰囲気があります。

肝腎のHPはまだ従来どおりのデザインですが、いままで未対応だったレスポンシブデザインになるように鋭意準備中です。
レスポンシブデザインにしないと「検索で下位になっちまうぜ」とgoogle社からすでに注意がきていました。
さまざまなデバイスで直感的に操作でき、人のぬくもりが伝わるようなデザインになります。
yagaijuku、orz

yabaijuku
にならないよう、慎重に進めます。
ご期待ください。
従来の
http://www.k3.dion.ne.jp/~t-yagai/
はdionが契約者用サーバのサービスを来月に終了しますので、その前に余裕をもって撤退しました。
もう、上記にアクセスしても、冷たく
document not found
になってしまいます。

ところでorzってご存じです?
自分は、この形態文字すっごく好きなんです。

なんてことはいいから、これからもぜひよろしくお願い申し上げます!

2017年9月17日日曜日

秋雨前線もなんのその!「はじめての洞窟探検」募集開始。

爽秋の林道をたどって…
個性豊かな2つの洞窟を探訪
観光洞ですが「せまーい!」 だから楽しい♪
木の実や秋の虫も見つけられるかな?
'17  923(土) 
キャンセル待ち承れます(9/22)
小雨実施(~3mm/h)/悪天中止

昨年のようすは →こちら

対 象:年長さんくらいから大人の方までどなたでも。
ただし林道を10kmくらい歩ける方。
定 員:10人くらい(最少催行人数4人)。
活動地:東京都あきる野市
参加費:4,000円/人、保険料込。
入洞料・交通費別途実費。
2つの洞窟のうち1つ(B鍾乳洞)は臨時休業があり得ます。
鍾乳洞入洞料は以下のとおりです。
高校生以上 A/B鍾乳洞とも各500円 
中学生 A鍾乳洞400円 B鍾乳洞350円
小学生 A鍾乳洞300円 B鍾乳洞250円
幼児 A/B鍾乳洞とも各100円

集 合JR五日市線・武蔵五日市駅・1番バス乗り場9:25
バス停地図は →こちら
9:35発のバスに乗車、30分乗ります。
バスは非常に混んで座れない恐れがあります。
小さなお子さん連れは下記[参考1の電車をお勧めします。
余裕をもってバス停にお並び下さい。
【交通ご参考】新宿発の場合/JRおとな片道800円・バス400円
[参考1一般向け。
JR新宿駅7:44発のホリデー快速あきがわ3号に乗車、終点武蔵五日市駅8:48着
[参考2バスで立ちっぱなしでもよいひと向け。
JR新宿駅8:19発の中央線ホリデー快速あきがわ5号に乗車、終点武蔵五日市駅9:21着
JR五日市線は乗り慣れないと集合できない「罠」がありますのでご注意ください。
詳しくは → こちら

解 散 
上養沢バス停16:35
→JR五日市線・武蔵五日市駅17時10分頃(予定)
ご参考:17:21同駅発のホリデイ快速があります。

当日の行程
09:25 JR武蔵五日市駅・改札外1番バス乗り場で集合
09:35 檜52系統・上養沢行きバス乗車
10:10〜 林道を歩いてふたつの鍾乳洞を訪ねます。
もしひとつの鍾乳洞が臨時休業の場合は大滝を訪ねます。
高さ30mの大滝
16:35 上養沢バス停から武蔵五日市駅行バス乗車
瀬音の湯で途中下車して入浴(任意)または武蔵五日市駅へ。

活動の目的
・雨の季節も自然のなかに出てみよう。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。
ザック暗いなかで物を失うと発見できません。
口がしっかりしまるものを推奨。
動きやすい服 と
温かい上着
肌の露出が少ないもの。
ジッパーで脱着できる軽いもの。
汚れてもよい歩きやすい靴洞内では歩き方によってぬれたり汚れたりします。
昼食おにぎりやサンドイッチなど食べやすい物が便利。
1時間ごとの小休止時に小分けして食べやすい形で。
軽食・お菓子小腹が減ったときに。
飲み物ペットボトル500cc程度。
タオル
軍手炊事用ゴム手袋も便利。代用できます。
雨具や折りたたみ傘小雨時、林道歩きで傘は快適。
ヘッドライト洞内照明が行き届かないところも観察できます。
ジップロックなどのビニール袋携帯電話やお財布などのぬれ/紛失の予防。
ザックカバーやスパッツなど雨天時は「あれば便利」。
自分のヘルメット現地で貸してくれますが自分のもののほうが快適。
ザックカバーやスパッツなど雨対策としてあれば便利。
着替え帰途に入浴したい人など。



お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

2017年9月6日水曜日

親子で探そう「秋の栗探しハイク」募集開始。

2015年9月
主催者が本活動地で見つけた山栗。
山道のあちこちに転がる山栗。
小さいのに中身パンパン。
見つからないこともあるさ
のびのび山を楽しむ人向き♪
'17 924日(日)日帰り 悪天中止
あと5名承れます(9/23)
活動地:山梨県某所
 最大登り下り標高差:600m
 最長移動距離:5km

対 象:小学生くらいから大人までどなたでも。
定 員10名程度。 最少催行人数:6名。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。集合・解散場所は応相談。
参加費5,000円/人・保険料込(交通費別途実費)
動物に先に食べられて見つからなかったら2,000円お返しします。
そのときはハイキングとして楽しんでね!
お申込者に詳細をご連絡します。
お申込ページはこちら

集 合富士急行線河口湖駅改札外・1番バス乗り場9:30
 時間厳守
【往路交通ご参考】
高尾駅まではJRまたは京王線利用。
JR高尾駅7:26発の普通小淵沢行き(高尾始発)乗車、8:14大月着。
大月駅8:21発富士急行河口湖行き乗車、09:17河口湖着。

解 散:河口湖駅・16時頃予定。
【復路交通ご参考】
16:00発新宿行きホリデー快速あり。

活動の目的:栗の木がたくさん生えている山で遊ぶ。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に常時携行を勧めます。
リュック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
帽子
防寒具ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
防風性がある薄いダウンジャケットなどが便利。
下着や中間着綿素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本。
昼食サンドウィッチやおにぎりなど。
何度かにわけて食べられるように工夫すること。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
サングラス晴れていたら大人はぜひ。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
レジャーシート家族やグループに1枚あれば便利。
緊急時には雨を避けたり体に巻いて保温できる。
エマージェンシーシートもよい。
地図お申込者に別途お伝えします。
方位磁石(コンパス)コンパスつき時計や100円ショップでも可。
北がわかればよい。
軍手または薄い手袋積極的に使います。手に合ったサイズを。
ヘッドライト緊急時用。
マッチまたはライター緊急時用。
折りたたみナイフイザというときに活路を拓くため。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。ほかに常用薬。
折りたたみ傘雨模様のときにあれば快適。

お問い合わせはお電話 03-3785-4617

秋の高山は思い出深く…「鳳凰三山縦走キャンプ」募集開始。


南アルプスデビューに好適。
白根三山を遠望できる
稜線歩きと樹林帯が魅力。
登り下りはがんばりどころ。

'17 916(土)~ 17(日) 
→ 台風により活動中止します(9/15)
テント泊のみあと2名様(お母様+子ども)承れます(9/12)
1泊2日・悪天中止
基本的には晴れそうなら実施。
景色が見えなさそうなときは原則中止。
対 象:小3くらいから大人までだれでも。
大人だけの参加もできます。
はじめてご参加の方は登山経験をお聴きしたうえでご参加の可否をお伝えします。
定 員:6名様(最少催行人数2名様)
参加費17,500円/人(食材費3回分と保険込)
別途実費:テント泊500円/小屋泊5500円と交通費
交通費概算:
新宿駅起点でJR運賃おとな片道/子ども約半額
新宿〜韮崎乗車券2590円、自由席特急券1830円
往路タクシー代:1500円〜2000円/人
復路バス代:1700円/おとな
活動地:山梨県・夜叉神峠から青木鉱泉。
行 程:
9/16 夜叉神峠登山口から南御室小屋
最高到達標高 :苺台平付近2507m
宿泊地の南御室小屋は2420m
累積の登り標高1120m 累積の下り標高80m
移動距離約7.5km
標準コースタイム5時間半 予想所要時間:6時間半
9/17 地蔵岳からドンドコ沢を青木鉱泉へ。
最高到達標高 :地蔵岳2841m
累積の登り標高420m 累積の下り標高1740m
移動距離約9.7km
標準コースタイム8時間半 予想所要時間:10時間
本活動の特徴と留意点
テント泊または山小屋泊を選べます。
幕営の体験をしたい体力ある人はテント泊を。
(テント泊の方は共同装備も分担して持って頂きます。)
軽い装備で高山デビューしたい人は小屋泊を。
いずれにせよすばやく行動してよい場所を確保したい。
ただしあとから来たどなたとでも譲り合う必要があります。
公共の場をシェアする気持ちを大切にしましょう。

集 合:9/16(土)
JR韮崎(にらさき)駅改札外8:50
【往路交通ご参考】
JR新宿駅7:03発 特急かいじ173号乗車、韮崎駅8:48着
または
JR新宿駅5:38発高尾行き普通に乗車、八王子駅下車。
八王子駅始発6:35松本行き普通に乗車、韮崎駅8:28着
韮崎からタクシー利用(実費を人数で按分負担)
解 散:9/17(日)
青木鉱泉15時発の山梨中央交通バス乗車(1700円/大人1名)
JR韮崎駅16時頃。
【帰路交通ご参考】
JR韮崎駅16:23発 特急あずさ24号乗車、新宿駅18:06着
または
JR新宿駅16:38発ホリデー快速ビューやまなし乗車、新宿駅18:55着
登山届:
山梨県警察へ活動日前にまとめて済ませます。

活動の目的:秋の高山の楽しさと注意点を体験。
高山の稜線独特の雰囲気を堪能しよう。
日が短いからムダない装備で迅速な行動をしよう。
 
持ち物 天候の急変、日没後や悪天時の慣れない低温に留意して準備しよう。
記号の意味:必携 テント泊必携/小屋泊不要。 あれば便利。非常用にいつも携行。
リュックテント泊は50Lくらい、小屋泊は30Lくらい。
寝袋ふだん使わないならレンタル。 → こちら
銀マットか
エアマット

雨具ゴアテックスなどのしっかりした素材のセパレート型。
手袋子どもは予備必携。
この季節は指先がかじかむ恐れがあるので温かいもの。
例:ウール中厚の手袋 + 予備で軍手 など。
できればウインドストッパーなど防風素材を使った手袋を。
帽子つば付き帽子は風に飛ばされないようあご紐があるとよい。
防寒具ジッパーでカンタンに脱着できるダウンやフリースの上着。
紫外線対策サングラス、日焼け止め、リップクリーム等
中間着布地が厚くて温かいもの。化繊またはウール。
しっかりした靴
タオル晴れれば登りの樹林帯で汗をかく。
レジャーシートまたはエマージェンシーシート
ストックかなりおすすめ。持ってくるならば折り畳めるもので。
ショートスパッツあればなにかと便利。
100円ショップの事務用アームカバーで代用することも。
昼 食9/16の分
行動食2日分
飲み物500ml×2本、うち1本は水を推奨。
ポットに入れた温かい飲み物もおすすめです。
マイ食器お椀/コップ各1 余裕あれば皿1
上記に加えて割り箸かスイカスプーン(スプーン兼フォーク)
洗面セット自分はいつも歯ブラシだけ(歯磨き粉なし)。
軽量化を念頭に置いてご自由に。
ビニール袋50Lくらいのゴミ袋最低1枚、大ジップロック数枚など
記録具めも
常備薬
マッチかライター
方位磁石
地図こちら と こちら
プリントして持参する経験は役立ちます。
折りたたみナイフ
保険証(コピー)
ヘッドライト


お問い合わせはお電話/ファクス 03-3785-4617

親子で探そう「初秋のキノコ探し」募集開始。

中央線でキノコ探し。
見つからないこともあるさ
山歩きより山遊び!
のびのび山を楽しむ人向き♪
'17 910日(日)日帰り 悪天中止
あと2名承れます(9/9)
活動地:山梨県大月市某所

対 象:小学生くらいから大人までどなたでも。
定 員10名。 最少催行人数:6名。
小学3年生以下は保護者がごいっしょください。
小4以上はおひとりで参加できます。集合・解散場所は応相談。
参加費5,000円/人・保険料込(交通費別途実費)
お目当てのキノコが見つからない場合3,000円お返し致します。
そのときはハイキングとして楽しんでね!
お申込者に詳細をご連絡します。

お申込ページはこちら

集 合:JR中央本線・初狩駅改札外9:00 時間厳守
(おすすめ)
JR中央線・新宿7:07発快速高尾行き乗車、8:01終点の高尾駅下車。
高尾駅で8:07発の普通甲府行きに乗換、8:52初狩着。
そのほか特急を使う、京王線を使う、などあります。

【お得な切符のご案内】
「休日お出かけパス」という切符があります。小人料金設定あります。
パスが有効な大月駅と初狩駅までの差額200円がさらに必要です。
高尾駅まで京王線を使う方法でも安価に往復できます。
解 散:初狩駅・16時頃予定。
 (都内まで約1時間半から2時間。)

活動の目的:食べられるキノコをたったひとつ知る。
持ち物
記号の意味:必携。あれば便利。非常用に携行を勧めます。
リュック以下のものが全部入る大きさ。(20Lくらい)
雨具上下(兼防風着)できれば防水透湿性の布地のもの。
帽子
防寒具ジャージなど前ジッパーで素早く脱着できること。
防風性がある薄いダウンジャケットなどが便利。
下着や中間着綿素材は極力避ける。詳しくはこちら
履き慣れた靴靴底が摩耗していないもの。
タオルやハンディタオルこまめに手や顔の水分を拭いて快適に。
飲み物最低500MLペットボトル1本。
昼食サンドウィッチやおにぎりなど。
何度かにわけて食べられるように工夫すること。
軽食(行動食)ビスケットなど食べやすいもの。詳しくはこちら
サングラス晴れていたら大人はぜひ。
日焼け止めなど紫外線対策も併せて。
レジャーシート家族やグループに1枚あれば便利。
緊急時には雨を避けたり体に巻いて保温できる。
地図お申込者に別途お伝えします。
方位磁石(コンパス)できればプレート型コンパスを。
コンパスつき時計や100円ショップでも可。
軍手または薄い手袋積極的に使います。手に合ったサイズを。
ヘッドライト
マッチまたはライター緊急時のたき火用。
折りたたみナイフイザというときに活路を拓くため。詳しくはこちら
低学年がもつかどうかは親御さん判断。
応急医薬品絆創膏2枚は最低でも必携。ほかに常用薬。
折りたたみ傘雨模様のときにあれば快適。

お問い合わせはお電話 03-3785-4617